スポンサード リンク
ヨーグルトつかったダイエット

ヨーグルトプチ断食というダイエット方法があります。身体の機能をリセットして痩せやすい体質へと戻すことを目的にしています。通常の場合、胃腸は48時間で空の状態になります。2日間ヨーグルトと水だけをとるようにして、体にたまった毒素を出していくこと断食の目的となります。単品しかとらない絶食系のダイエットは、体に必要な筋肉まで落としてしまいます。

そして、リバウンドを招いてしまうといわれていますが、この方法であれば内臓脂肪だけを減らして、ダイエットに必要なビタミンやミネラル、タンパク質なども同時にとることができます。期間も2日と短いため忙しい人でも週末を使って行えるでしょう。ヨーグルトを使う理由はいくつかあるのですが、まずは、腸内の善玉菌をふやすということです。

腸内環境を改善するために欠かせないものが善玉菌と呼ばれる腸内細菌なのですが、ストレスや加齢など、さまざまな理由から身体にとって害をなす悪玉菌優位に傾いた腸内においては、ヨーグルトの乳酸菌やビフィズス菌が善玉菌を優位に変える栄養剤となります。そしてヨーグルトに含まれるタンパク質やミネラル分により筋肉を落とないで脂肪を燃焼させるために必要な栄養分を補って安全にダイエットができるという点です。

最後に、多少の咀嚼の必要があるヨーグルトは、脳に食べたという満足感を与えてくれます。そのため、空腹のストレスをやわらげてくれます。断食中は、1日2L程度の炭酸水を飲んでおこないます。代謝が促されますし発汗やトイレの回数がふえるため毒素をしっかり落とすためにも、水分はたっぷりと補給するようにしましょう。炭酸水は胃腸の状態をよくしてくれて満腹感も得られます。

ダイエットレシピ新着情報&ニュース 一覧
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース