スポンサード リンク
国立病院ダイエットについて

国立病院ダイエットについてあなたはご存知でしょうか?国立病院ダイエットは病院で行われている肥満対策の低カロリーな食事法のことです。成人女性が1日に摂取するカロリーの目安は1800~2800kcalで運動量によっても異なります。国立病院ダイエットでは、毎食に卵やグレープフルーツ、牛乳をとり入れており、カロリーを1日に最低限必要な1200kcalにおさえたというダイエット法です。

病院で医師の指導のもとに行われていたものが一般にも広がったということなのです。「すぐにやせる!」「一度やせると太りにくくなる」という評判もあります。しかし、極端な食事制限と栄養の偏りのために、生理不順や肌荒れがあるというような多くのトラブルも報告されていました。それを改善されたのが最新国立病院ダイエットです。

「国立病院ダイエット」の偏った栄養面を改善して日本の病院で糖尿病や肥満患者の治療のために行われている食事療法をミックスしたもので、低カロリーで必要な栄養がとれるメニューを考案したそうです。2週間で無理なく確実にやせられるという方法でそれが「最新国立病院ダイエット」です。1日3食、おいしく食べられて、ストレスフリーなダイエット方法です。

ダイエットレシピ新着情報&ニュース 一覧
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース