スポンサード リンク
キャベツスープダイエットの実践方法

キャベツスープダイエットの実践方法についてご紹介したいと思います。キャベツスープと1週間のメニューでダイエットに取り組んでいきます。キャベツスープの材料は、キャベツ:半個、シャロットか玉ねぎ:3個、ピーマン:1個、セロリ:1本、ホールトマト:1缶、スープの素:適量となります。野菜は一口大に切っておきましょう。

キャベツスープの作り方は、沸騰したお湯にスープの素を入れてからよく溶かします。それから、野菜を全て入れて煮ます。ホールトマトを入れ、崩しながら煮ていきます。灰汁を取り除きながら、2時間くらい野菜がやわらかくなるまで煮こみましょう。味付けは塩、コショウで整えましょう。1週間のメニューを実践してみましょう。

1日目:キャベツスープ+果物(バナナとアボガドはNG)、2日目:キャベツスープ+野菜(調理法は何でもOK、油とバターはNG)、3日目:キャベツスープ+果物+野菜(満腹になるまで食べてOK)、4日目:キャベツスープ+スキムミルク+バナナ(3本まで)+水を意識して沢山飲むようにする。5日目:キャベツスープ+肉+トマト(6個まで)+水を意識して沢山飲むようにする。6日目:キャベツスープ+牛肉+野菜を好きなだけ(ただし芋類はNG)、7日目:キャベツスープ+玄米+野菜+果汁(フルーツジュース)といったスケジュールです。

注意としては、キャベツスープダイエット中は水、お茶、紅茶、ブラックコーヒー以外の水分はNGとしています。また揚げ物やパン、メリケン粉で作った食べ物を食べないようにします。そして砂糖などの甘味料はNGとされています。キャベツを千切りにして、お皿に山盛りにしてばりばり食べるとお腹がいっぱいになりますので満足感を得ることができます。

ダイエットレシピ新着情報&ニュース 一覧
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース