スポンサード リンク
寒天の作り方

寒天ダイエットをするときに、寒天を食べる時間帯は夕食前がよいでしょう。または夕食代わりに寒天ダイエットのメニューをたべるとよいでしょう。夜の摂取カロリーを減らすということがダイエットの鉄則です。夜は昼間に比べてみると消費カロリーが少ないため、摂取カロリーも抑えていくことが理想的です。

夕食の前に寒天をちょっとつまめば、お腹がふくれて夕食の量を減らすことができます。夕食代わりにしても良いと思いますが、栄養バランスを考えたメニューにしましょう。寒天はほとんど無味無臭のため、ほかの食材とミックスしやすいというメリットがあります。この点を利用していろんな寒天の味バリエをつくってみましょう!

寒天の基本の作り方は、粉寒天は1. 粉寒天4gに対して水500ccを加えてから、よく混ぜ合わせます。そして2. 鍋に移してからおたまなどでかき混ぜながら火にかけ、沸騰したら弱火で2分程度煮ていきます。 3. ボウルやタッパーなどの型に流し込み、冷ましていきます。 棒寒天は1. 棒寒天4g(約1/2本)を軽く水洗いし、たっぷりの水で20分程度もどしていきます。

そして2. 水気を絞って、水500ccを入れた鍋にちぎって入れていきます。火にかけて沸騰してから5分程度煮ることになりますが、ダマになりやすいのでよくかきまぜておいて完全に溶かしましょう。それから3. 粉寒天と同じ要領で冷ましていきます。トマトジュースと寒天をあわせればリコピンがたっぷりのトマト寒天ができあがります。

ダイエットレシピ新着情報&ニュース 一覧
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース