スポンサード リンク
鶏肉の簡単ダイエットレシピ

簡単なダイエットレシピに鶏胸肉のポン酢ソテーがあります。鶏胸肉をポン酢につけてから柔らかく焼き上げていくお料理です。材料(2人分)で鶏胸肉が約200g、ポン酢 大さじ1/2、片栗粉大さじ1、サラダ油小さじ1となっています。作り方は鶏胸肉は皮をのぞいて食べやすい大きさに切ってからポリ袋に入れます。ポン酢を加えてからよくもんで半日から一晩くらい置いて味をなじませます。

そして片栗粉を入れてまんべんなくまぶします。フライパンに油をひいて鶏肉をこんがりきつね色になるまで両面焼きます。鶏肉はポン酢で味付けをするとさっぱりと食べることができます。鰹節を散らして食べてもおいしいそうです。ポン酢に漬け込んだ鶏胸肉はパサパサしないので柔らかく食べることができます。鶏肉を焼くときは焼きすぎてしまうと硬くなってしまうので、加熱する時間に注意したほうがよいでしょう。

つぎに鶏胸肉のマスタードソテーというレシピを紹介したいとおもいます。マスタードの辛さがアクセントとなる少量の油で焼いたソテーです。材料(2人分)で鶏胸肉が約200g、粒マスタードが小さじ1、塩小さじ1/4、片栗粉が大さじ1、サラダ油が小さじ1です。作り方は 鶏胸肉は皮をのぞき食べやすい大きさに切ります。そしてポリ袋に入れます。

塩やマスタードを加えてよくもんで30分ほど置いて味をなじませます。それから片栗粉を入れてまんべんなくまぶします。フライパンに油をひいて鶏肉をこんがりときつね色になるまで両面焼きます。鶏肉は皮をのぞいてカロリーオフにしましょう。皮を取ると20%のカロリーダウンになるみたいですよ。とても、あっさりとした味付けなのですが、マスタードの辛さがきいたダイエットレシピです。

ダイエットレシピ新着情報&ニュース 一覧
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース