スポンサード リンク
7日間脂肪燃焼ダイエットのスケジュール

7日間脂肪燃焼ダイエットのスケジュールについてご紹介したとおもいます。この7日間脂肪燃焼ダイエット法は、次のようなスケジュールで行っていきます。ただ、この食事法は体に必要不可欠な栄養素を十分にとれない日があります。いわゆるちょっとした断食の一種です。そのため、7日間脂肪燃焼ダイエットを実行する際には体調に留意しながら、ムリをしないようにしましょう。

まずは材料をすべて鍋に入れて、お好みで煮込んでいきます。第1日目:スープとフルーツのみの日となります。バナナ以外のフルーツは何を食べても良いです。そして水分は水か100パーセントの果汁ジュースで補っていきます。つぎに第2日目:スープと野菜のみの日となります。油を使わなければ野菜の調理法は自由です。豆やスイートコーンを除いて種類も自由にえらべます。夕食にはベイクドポテトを食べても良いです。

第3日目:スープとフルーツと野菜の日となります。スープとフルーツと野菜を好きなだけ食べても良い日です。ただし、ベイクドボテトはNGとなります。第4日目:スープとバナナ、スキムミルクの日となります。バナナ3本食べます。スキムミルク適量を水で溶いて500mlにして飲みます。そしてお水を多めに飲んでいきます。第5日目:スープと肉とトマトの日です。

豚肉または皮なしの鶏肉または煮魚を350g~700gくあい食べて良いです。一部情報によると、牛肉も食べて良い場合もあります。トマトは6コまで食べても良いです。第6日目:スープと牛肉と野菜の日となります。牛肉の量に制限はありません。ベイクドポテトを除いて野菜を食べても良いです。最低一杯はスープを飲みます。第7日目:玄米と野菜とフルーツジュースの日です。玄米や野菜、フルーツジュース(100パーセント果汁)を飲みます。そして最低一杯はスープを飲みます。以上のことを実行することによって見かけの体重はほとんどの人で減ることになります。

ダイエットレシピ新着情報&ニュース 一覧
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース