スポンサード リンク
7日間脂肪燃焼ダイエットのルール

7日間脂肪燃焼ダイエットのルールについてご紹介したいと思います。スープはいつでも好きな量に飲みます。そしてスケジュールに沿った食べ物を7日間食べるようにします。パンや揚げ物(衣に小麦粉)など小麦粉を使った食品を摂ってはならない。また飲みものは水、お茶、ブラックコーヒーなど糖分を含まないもののみとします。ただし100%ジュースはよいです。

それから炭酸飲料は禁止します。アルコールは禁止です。もしアルコール分が体内に残っている場合は24時間経過してからダイエットを開始します。砂糖などのあらゆる甘味料を摂ってはならない、7日間のスケジュールの中には肉を食べなければならない日がありますが、肉は牛肉に限りません。豚肉(脂身のないパーツ)、油で炒めない鶏肉(皮・脂身は除く)もしくは煮魚を食べても良いです。

7日間脂肪燃焼ダイエットの要となる野菜スープの作り方ですが、材料及び作り方はつぎのようになります。【材料】はキャベツ…1/2個、玉ねぎ…大3個、ピーマン…大1個、セロリ…1/2~1本、チキンスープの素…1個、ホールトマト…1缶です。作り方は(1)野菜を一口大にそれぞれ切っていきます。(2)大きな鍋に(1)とチキンスープの素、そしてホールトマトを入れ、水をひたひたにしたところで10分くらい火にかけて、あとは好みに応じながら野菜が柔らかくなるまで煮ます。もし煮込む場合には、途中で減った水を足してあげましょう。(3)最後に、塩やコショウ、好みに応じてカレーパウダー、チリソースなどで味付けをしましょう。

ダイエットレシピ新着情報&ニュース 一覧
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース