スポンサード リンク
7日ダイエット!脂肪燃焼スープ

ちょっと有り得ないキャッチコピーで流行したダイエット方法があります。それが7日間ダイエットの脂肪燃焼スープのレシピです。キャッチコピーを紹介しますと「心臓その他の外科手術などの前に、短期間で脂肪を落とす必要がある人のための食事・・・」ということです。”脂肪燃焼スープ(ダイエット)”または”7日間脂肪燃焼(スープ)ダイエット”と呼ばれているものですが、あなたは興味をおもちですか?7日間で痩せるということは、過激なダイエットなのでしょうか?

7日ダイエット!脂肪燃焼スープのレシピの仕組みや利点・問題点について考えてみたいと思います。7日間脂肪燃焼ダイエットとは、ダイエット期間中は野菜スープは飲み放題です。野菜が好きなら味には問題がないとおもいます。”7日間脂肪燃焼ダイエット”とは、野菜スープを中心にして7日間あらかじめ決められたメニューを食べるといったダイエット法です。出所が不明であることやそのつくりがシンプルである点にから、時折ブームになる口コミや怪文書系ダイエット法の一つのようです。

ちなみに90年代前半のころには「国立病院ダイエット(別名:デンマーク国立病院ダイエット、マヨダイエット、マヨグイニット法)」などと呼ばれているグレープフルーツやゆで卵を多用するちょっと似たようなスタイルのダイエット法が流行りました。このダイエット方法は、その後に専門家の批判が増えたためブームが収束しました。リバウンドしないでダイエットをできるのであれば、ちょっと気になりますよね。薄着の季節にむけてダイエットに励みたいかたも多いことだと思います。

ダイエットレシピ新着情報&ニュース 一覧
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース