スポンサード リンク
ゾーンダイエットの効果

ゾーンダイエットをおこなうときはたんぱく質は高たんぱく質で低脂肪のものを選ぶようにしましょう。動物性たんぱく質の場合は、卵白・鶏の胸肉(皮なし)・エビ・貝類・ラム肉・鶏のササミ・魚肉などです。植物性たんぱく質の場合は豆腐・大豆・納豆・高野豆腐などです。乳製品の場合は低脂肪カッテージチーズなどです。脂肪はアラキドン酸を含んでいる食品を避けるようにしましょう。つまり卵黄やレバーなどの内臓・脂質の多い家畜の肉です。

つぎに一価不飽和脂肪酸を含んでいる食材と油脂をとるようにします。これはオリーブ油やナタネ油などオレイン酸を含んでいる油のことです。ゾーンダイエットの献立作りには1日のたんぱく質所要量を決めることからはじめましょう。たんぱく質の所要量をポイント化してたんぱく質のポイントに応じて炭水化物と脂肪のポイントを決めていきます。求めたポイントを5回の食事に分配していきます。

ゾーンダイエット(4・3・3ダイエット)の効果についてですが、体脂肪を燃焼を促す体質になりますので恒久的にスリムな体型を維持することができます。また小さな病気にかかりにくくなったり難病(糖尿病・心臓病・ガンなど)に対しては回避能力が高まりますので、かかったとしても対応しやすくなります。個人が持っている運動能力を高めていきますので瞬発力を向上させることも可能です。運動をした後の筋肉疲労がなくて筋肉痛が起きにくくなったり脳細胞や神経細胞を健全にしますので精神の高揚と集中力を維持させることもできます。

ダイエットレシピ新着情報&ニュース 一覧
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース