スポンサード リンク
ゾーンダイエットで守ること

ゾーンダイエットでは、1日の食事内容を炭水化物を4、タンパク質を3、脂肪を3とカロリー比率4・3・3の割合で取ります。しかし、この4・3・3の割合さえ守っていれば、何を食べてよいわけではありません。ホルモンや酵素に悪影響を与える食品を摂取することはNGです。このダイエット方法ではバリー・シアーズ博士が推奨する食品をとらなければなりません。食事の間隔は5時間以内にします。睡眠をする時は除いて5時間以上をあけてはなりません。

食は強力な投薬であるという考え方のため、食事はあたかも投薬のように規則正しくとらなければならないということなのです。5時間以内に食事=朝食・昼食・間食・夕食・夜食を摂るようにします。またカフェインを制限するようにします。カフェインはインスリンの分泌を高めるため、1日の摂取量は100mgまでとしています。食材の選び方ですが、炭水化物はグリセミックインデックス(GI値)の低い食材を選ぶようにしましょう。

またアルコールには注意が必要です。飲んだ時は摂取したアルコールのカロリーを1日分のエネルギーから削除しなければならないということなのです。ごはん1杯(110グラムとして)=ビールなら中ビン1本、そしてワインなら200cc、25度焼酎であれば110ccです。デザートとスナック菓子にも注意が必要です。ケーキや果物などにも炭水化物が多いため食べた時はアルコールと同じように1日分のエネルギーから削除しましょう。

ダイエットレシピ新着情報&ニュース 一覧
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース