スポンサード リンク
PMSをやわらげるレシピ

PMSとは月経前症候群というものがあります。多くの女性は「イライラしたり」、「気分が沈んだり」、「具合が悪かったり」、「異常な食欲」、「体重が増えたり」、「化粧のノリが悪い」というように毎月決まった周期でさまざまな情緒不安定や体調不良を起こしてしまい憂鬱になります。このような、排卵から月経開始の時期の身体的や精神的不快な症状が月経前症候群(PMS:premenstrual syndrome)なのです。毎月の憂鬱な気分が少しでも軽くなるようなレシピがありますので興味のあるかたは朝鮮してみてくださいね。

PMSをやわらげるコツは2つです。まずは刺激物を控えたり、バランスのとれた食事をすることです。これは女性のカラダにとってともて大切なことなのです。神経質になりすぎないで、カラダにいいことをしてあげたほうがよいでしょう。お茶碗一杯を二回にわけて食べるようにしてもよいですよ。また過激なダイエットはよくありません。痩せたい一心で、穀物やでんぷん類をとらないようにすると、エネルギー切れが起こってしまいます。その結果、血糖値が下がりますので頭痛をおこしたり、頭が重たくなったり、気分が悪くなったり、甘いものやスナック菓子が食べたくなるというような症状をおこしてしまいます。

食事の回数を増やして血糖値を一定にすれば症状がやわらぎますし太る心配もありません。たとえば朝食でご飯を一膳食べるのであれば茶碗一杯分を半分ずつおにぎりにして、朝食と昼食前に分けて食べると血糖値をたもつことができます。仕事をしている方は匂いが広がらずに手軽に食べられるクッキーやシリアルバーなどでもよいとおもいます。昼食から夕食の間や、夕食から深夜の間も同じよう食べて血糖値を保つようにしましょう。血糖値が安定すればダイエット中に起こりやすい深夜のドカ食いなども改善されますよ。

血糖値コントロールレシピですが、糖分が欲しくなったときに一気に血糖値をあげてしまう砂糖や液糖は控えたほうがよいでしょう。代わりに穀物やお芋などの複合多糖質でゆっくり消化吸収されて血糖が維持できる糖質が入っている食品を選んだほうがよいでしょう。例えば、メープルシロップを使ったお菓子などもオススメです。

ダイエットレシピ新着情報&ニュース 一覧
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース