スポンサード リンク
あさりご飯ダイエットレシピ

ダイエットをしていてもおいしいものが食べたいですよね。あさりご飯はパソコンなどをよく利用して目を酷使しているかたに向いているレシピですよ。あさりには鉄やビタミンB12がたくさんはいっていてキズついてしまった眼の角膜を修復してくれますよ。疲れた眼をあさりご飯をたべていたわってあげましょう。

あさりご飯の気になるカロリーですが、1人分210Kcalです。材料を二人分でご紹介しますと、あさりが100g、米1合、水3カップ、だし昆布5cm、青ねぎ(刻んでおく)1本から2本、刻み海苔適量です。調味料は酒と淡口醤油がそれぞれ大さじ1、塩と生姜の搾り汁がそれぞれ小さじ1、だしの素を適量です。

つぎに作り方ですが、あさりは貝どうしをこすりあわせるようにしてよくあらってあげましょう。鍋に水とあさり、だし昆布をいれて沸騰をしたら弱火にして3分煮ます。ゆで汁220ccに調味料をくわえて味付けをします。洗ったお米にゆで汁と調味料をくわえてものをくわえて炊き上げます。炊き上がったら器にご飯をもってあさりを飾って刻み葱と海苔をふりかけましょう。

あさりの鉄分やビタミンB12が貧血を改善してくれて脂肪分解をうながしてくれますよ。殻がついているままだと食べるのに時間がかかりますので食べすぎを防いでくれますよ。さりのクロムで低インシュリンダイエットにつながります。またアサリにふくまれている亜鉛は食欲を抑制するレプチンの分泌を促してくれますよ。

ダイエットレシピ新着情報&ニュース 一覧
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース