スポンサード リンク
低インシュリンダイエットのポイント

低インシュリンダイエットのポイントですがデザートは間食でとりましょう。低インシュリンダイエットではデザートよりも間食の方が太らないと考えられておりそれは食事をして血糖値が上がっている時にさらに糖が入ればインシュリンが大量に分泌されますが、お腹が空いている時は血糖値も低いためちょっとくらい糖が入ってきてたとしても大丈夫だという考え方です。

しかし太らないのは食後のデザートと言うような別な考え方もあります。食後はまだインシュリンが分泌されているため糖分を効率よく燃焼してくれるので体内に溜まるのを防いでくれることに対して間食の場合はインシュリンがあまり分泌されないため燃焼されにくくて体内に溜まりやすいといわけなのです。どちらを活用するにしてもデザートは少量にしたほうがよいでしょう。

つぎにNG食品に気をつけるということです。低インシュリンダイエットでは白米(GI値84)、うどん(85)、食パン(91)、じゃがいも(90)、人参(80)、とうもろこし(70)などに気をつけます。OK食品なのは玄米(56)、そば(59)、小麦全粒粉パン(50)、全粒粉パスタ(50)パスタ(65)などがあたります。

そして固めに調理をすることです。固めに調理することによって消化吸収を遅くすることや血糖値が上昇するスピードをゆるやかにすることができます。パスタの場合はアルデンテに茹でたりうどんはこしのある讃岐うどんにし煮物は固めに仕上げるようにします。お粥より白米がよいでしょう。そして精製されたものより未精製の物がよいとされています。白米より玄米で食パンより全粒紛パンというようなことです。

ダイエットレシピ新着情報&ニュース 一覧
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース