スポンサード リンク
低インシュリンダイエット

低インシュリンダイエットはちょっと前に流行りましたよね。糖分をたくさん摂取することによって血糖値が急激に上昇してしまい元に戻そうとしてすい臓からインシュリンというホルモンもたくさん分泌されます。インシュリンは糖を肝臓や筋肉に送りこみ処理をおこなおうとします。それらはエネルギーとして消費されることになりますが、余った糖の場合は脂肪細胞に送りこまれて中性脂肪として蓄える働きもあるのです。血糖値が上がりやすい炭水化物をなるべく控えてインシュリンの分泌量を少ない状態にして脂肪合成を阻もうとするダイエット法が低インシュリンダイエットなのです。

低インシュリンダイエットのメリットはどのようなものがあるのでしょうか。消化吸収の遅いものを選ぶため腹持ちがよくて空腹感を抑制することが期待できます。ただ胃の弱い人は玄米食などを食べると逆に胃を悪くしたりします。低インシュリンダイエットは身体にとって弊害はないのでしょうか。実は制限も多いためストレスに感じてしまい続けにくいという点があります。甘いものへの渇望が生じてしまうためリバウンドということもあるのです。

脳の唯一のエネルギー源は糖質なので極端に炭水化物を減らしてしまうと脳の働きが鈍ってしまいます。糖質が不足してしまうと肝臓のグリコーゲンを分解したり、筋肉のたんぱく質をさえ分解してしまいブドウ糖にかえるてしまうので肝臓に負担がかかってしまい筋肉が落ちて基礎代謝が低くなってしまいます。栄養バランスも偏ってしまいますので血糖値の上昇を意識することはダイエットに役立つこともありますが血糖値の高いものを一切食べないというダイエット方法は色々な問題があると言えます。極端にしてしまうのではなくてバランスよく色々なものを食べるようにして健康的に痩せたほうがよいでしょう。

ダイエットレシピ新着情報&ニュース 一覧
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース