スポンサード リンク
低インシュリンとシナモン

シナモンは抗ウイルス、抗菌作用があるためO-157などの細菌感染を防ぐ効果が期待でき、冷え性のかたにも良いとされています。シナモンは血行をよくしてくれますので体温を上昇させて冷え性の改善にも優れます。特に末梢血管の拡張作用があって手足の血流を改善しながらリュウマチなどの関節の痛みを鎮めめてくれます。

ほかにもシナモンの辛味はお腹を温めてくれますので冷えからくる風邪や下痢、腹痛などの症状を緩和してくれます。また発汗を促しますので解熱作用もあります。またシナモンの香りは嗅覚を刺激しますので胃の働きを高めて消化機能を活発にしれくれます。胃腸の働きが高まることにより冷えは改善されますし代謝をアップさせてくれます。拒食症のかたにも最適な食材といえるでしょう。

女性特有の生理痛にも効果があり、シナモンに含まれているタンニンが子宮を収斂してくれますので生理痛をやわらげます。生殖器の強壮作用によって不感症にも効果があるとされており、ただ妊娠中の場合は刺激が強すぎますので流早産の危険性があるので控えるようにしましょう。そしてシナモンの香りには自律神経を静めてくれて気分をリラックスさせる効果があり、不安やストレス、落ち込みや、PMS(生理前緊張症)にも効果があるとされています。最近では体内のインシュリンの分泌を高めてくれますので中性脂肪値やコレステロール値、血糖値を30%以上下げる効果も発見されました。糖尿病や肥満防止が注目されているのです。
 

ダイエットレシピ新着情報&ニュース 一覧
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース