スポンサード リンク
ちりめんジャコとわかめの卵焼き

お弁当の中身でもダイエットをしたいかたには、玉子焼きのレシピはいかがでしょうか。

◆ちりめんジャコとわかめの卵焼き

いつもの卵焼きもひとつ工夫することによって見た目もキレイで美しいお肌や髪の毛をつくることができます。柔らかな卵の中のジャコとワカメの食感がまた良い感じですよ。

調理時間:20分、カロリー:1人分 185kcal

・材料(2人分)

卵:3個

<調味料>
酒:小さじ1
砂糖:小さじ2
薄口しょうゆ:少々
チリメンジャコ:大さじ1(3g)
干しカットワカメ:大さじ1(3g)
大根おろし:1/2カップ(130g)
刻み細ネギ:大さじ1
プチトマト:4個
サラダ油:少々
ユズ汁:小さじ2
しょうゆ:少々

・作り方

1.卵は1つずつ割って、ボウルに3個分まとめます。チリメンジャコはザルに入れて熱湯をかけて臭みと軽く塩分を抜いてから水気を切ります。

2.干しカットワカメは水で戻して水気をしっかり絞ります。大根おろしは汁気を軽く絞ってから刻み細ネギと一緒に混ぜます。溶いた卵に調味料を加えて軽く混ぜ合わせてからチリメンジャコとワカメも混ぜます。

3.卵焼き器を中火で熱してからサラダ油を薄くひいて、2の1/3量を流し入れて菜ばしで大きく混ぜながら半熟状態で手前に寄せていきます。手前の卵を反対側に滑らせて卵焼き器にサラダ油を薄くひいていきます。

4.残りの卵液の半量を流し入れて反対側の卵の下にも菜ばしで卵を持ち上げて流し入れていきます。全体的に半熟状態になったら反対側から手前に卵を巻いていき残りの卵液も同様に巻いていきます。巻きすで巻いて形を整えて食べやすい大きさに切ってプチトマトと器に盛り合わせた大根おろしを添えたらできあがりです。

お好みでユズ汁やしょうゆをかけて召し上がって下さい。


ダイエットレシピ新着情報&ニュース 一覧
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース