スポンサード リンク
さつまいもの焼き菓子、ファイバーショコラ

さつまいもの焼き菓子、ファイバーショコラのダイエットレシピについてご紹介したいと思います。ダイエット中でも甘いものを食べたくなることってありますよね。そんなときは身体にとっても良いお菓子をとりたいものです。

1切れがわずか100kcalのさつまいもの焼き菓子は一般のケーキと比べるとタンパク質や食物繊維がきちんと入っています。簡単に作れますので家でのパーティやプレゼントに作ってみても良いかもしれませんね。

さつまいもには、ビタミンB1・C・Eなどのビタミン類がたくさん含まれています。さつまいものビタミンB1やビタミンCは加熱しても損失が少ないことが特徴となっています。

ビタミンCは細胞の結合を強くするコラーゲンの生成を助けることができますので、お肌の張りを保つこともできます。ストレスが多かったりすると体内で消費されやすいため、なるべく補給するようにしましょうね。

さつまいもやココアには食物繊維がとてもたくさん含まれています。食物繊維の多い食べものは、胃の滞留時間が長いため満腹感が得られやすいのです。食べすぎの予防にもなり、腸内のそうじをしてくれますので体内の有害物質の排出を促してくれます。

さつまいもの皮やココアに含まているポリフェノール、ビタミンCやビタミンE、カロテンなどはアンチエイジングにも効果的です。皮をむかずに調理するとビタミンCの損失も防ぐことができます。よく洗ってから皮ごと料理するほうがよいでしょう。

さつまいもの収穫時期は秋なのですが、貯蔵中に甘みが増すため1月から3月頃もおいしく食べられるそうです。さつまいものデンプンがアミラーゼにより糖化しますので麦芽糖が生成するためです。ゆっくり加熱すると麦芽糖が生成しまうので、オーブンで焼いてみたり、水から加熱していくことによっても甘みが増していきますよ。

ダイエットレシピ新着情報&ニュース 一覧
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース