スポンサード リンク
きのこの白みそと豆乳スープ

ダイエットレシピについてご紹介したいと思います。

◆きのこの白みそと豆乳スープ

・調理所要時間は20分。

・材料(1人分)
きのこ:80g(しめじ、しいたけ、エリンギなど好みの食材で)
だし汁:125(~150)cc
たまねぎ:30g
にんじん:20g
かぼちゃ:30g
パセリ:少々
白みそ:大さじ1/2
豆乳:75(~50)cc
塩・コショウ:少々

※パセリの代わりに三つ葉やイタリアンパセリ、セルフィーユなどを使っても美味しくできますよ。

・作り方

1.きのこはいしづきや根元を切りとって割りさきます。パセリはみじん切りにしてその他の野菜は食べやすい大きさに切ります。白みそと豆乳はよく混ぜあわせておきます。

2.お鍋にだし汁を入れてパセリ以外の野菜を煮ます。その時に、だし汁の量が少ないので火加減に注意するようにしましょう。お鍋の大きさによって出し汁の量を加減したほうがよいでしょう。

3.野菜が煮えてきたらきのこを加えてさっと煮ます。この時にだし汁の分量が少ないので火加減に注意するようにしましょう。お鍋の中の具をざっくりと混ぜてきのこに火をとおします。

4.火を弱めてから白みそを豆乳で溶いたものを加えます。塩・コショウで味をととのえてパセリを加えます。静かに火を通してスープがあたたまったら出きあがりです。豆乳を煮立たせてしまうとダマになりやすいので火加減に注意するようにしましょう。

きのこは低カロリーでビタミンB群がたくさん含まれています。糖質や脂質の代謝を促してくれるのでダイエットには最適の食材です。

ダイエット中は食べる量を減らしがちだと思いますが低カロリーの食材を加えることによってボリュームを増やして食べても見ても満足感を得られるように工夫するとよいでしょう。

また、きのこには食物繊維が豊富にあり腸内環境をととのえることやコレステロールの排出を助けます。メタボリックシンドロームが気になる方にもチャレンジしてもらいたいレシピです。

ダイエットレシピ新着情報&ニュース 一覧
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース