スポンサード リンク
焼あじと豆腐のちり蒸し風と白菜とベーコンの焼酎鍋

ダイエットに関するレシピをご紹介したいと思います。

◆焼あじと豆腐のちり蒸し風

158kcal:1人分
調理時間:30分~
材料:4人分

あじ 2尾
塩 少々
木綿豆腐 1丁
しめじ 1パック
春菊 適当な量
昆布( 5cm角) 4枚
酒 大さじ8

・作り方

1.あじは内臓をとり出してぶつ切りにします。軽く塩をふってからグリルで焼きます。

2.一人分ずつ容器に昆布をしいてグリルで焼いたあじと豆腐、しめじを盛ってお酒をふりかけます。一人分につきレンジを強で約1分30秒かけます。つぎに春菊を加えてからレンジ強で約40秒加熱します。

※あじは良質のたんぱく質やEPA、DHAが豊富にあり、ビタミンB1、B2も摂取できます。産卵前の初夏まで旬でいただけます。焼魚に少し時間と手間をかけるだけで、豆腐やきのこなどの食材とあわせて美味しく食べることができます。

◆白菜とベーコンの焼酎鍋

273kcal:1人分
調理時間:30分~
材料 4人分

ベーコン 200g
白菜 800g
焼酎 1/2カップ
水 1カップ
胡椒 少々
ポン酢醤油 適量

・作り方

1.白菜を輪切りにして鍋に立ててきちんと詰めます。

2.白菜の間に2つに切ったベーコンをはめ込みます。焼酎をふりかけてつぎに胡椒をふりかけてから蓋をします。レンジを強で約10分かけてそのあとにレンジで弱を約25分加熱します。

3.ポン酢醤油をかけていただきます。

※白菜にはビタミンCがたくさんあり風邪予防に役立ちます。また、食物繊維が腸の働きを整えるので便通をスムーズにします。けっこうあっさりした味で体があたたまる料理です。

ダイエットレシピ新着情報&ニュース 一覧
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース