スポンサード リンク
毒素を排出するジュースレシピ

健康的になるには身体の中の毒素を上手に排出することが一つのポイントですよね。「毒出しジュース(ダイエット)」というものがあり、健康情報誌などからちょっとしたブームになっているそうです。

「毒出しジュース(ダイエット)」の考案者は松生クリニック院長の松生恒夫医師で大腸の内視鏡の専門医として活躍しており2万人以上の患者を診てきた経験があるそうです。

「毒出しジュース(ダイエット)」にはハーブやフルーツの力たくさんはいっておりむくみの解消や新陳代謝を良くする働きがあります。

◆毒出しジュースの材料

・乾燥ペパーミント…小さじ1(ティバッグタイプのペパーミントティも可)
・お湯…400ml
・ミネラルウォーター(硬水)…100ml
・レモン果汁…大さじ2(市販の100パーセントレモン果汁も可)
・しょうが(チューブタイプのものなら1~2センチ程度、生の場合も同量のすりおろし)
・オリゴ糖…適量

初期のものにはミネラルウォーターの代わりににがりを入れる方法もあるそうです。

◆毒出しジュースの作り方

1.乾燥ペパーミントをポットなどに入れて、400mlのお湯を注ぎます。ペパーミントティを抽出します。
2.乾燥ペパーミントを使用した場合には、茶こしなどでこして別の容器に移しておきます。
3.ミネラルウォーター(硬水)を足して総容量を500mlにします。
4.レモン果汁、しょうが、オリゴ糖を加えてかき混ぜてできあがりです。

ダイエットレシピ新着情報&ニュース 一覧
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース