スポンサード リンク
多価不飽和脂肪酸とは?

みなさんは、多価不飽和脂肪酸をご存知でしょうか?

ダイエットレシピを考えていく上で、油にも、いろいろな種類があるということに、ふと気がつかれる方もいらっしゃるでしょう。油は、ほとんどの料理において、使用するものです。多くのダイエットレシピでも、もちろん使用するものです。

ここでは、多価不飽和脂肪酸に分類される、αリノレイン酸、EPA、DHA、リノール酸、γリノレイン酸、アラキドン酸の、6つについて、ご紹介したいと思います。

まず、αリノレイン酸ですが、えごま(シソ)油や、亜麻仁油に含まれ、この油は、脳梗塞や心筋梗塞、高血圧、癌を予防する優れた食品です。他にも、アレルギー性疾患を改善するという効果も知られています。

次に、EPAですが、これは、油ではなく、魚介類である、すじこ、いわし、さばに多く含まれており、血栓を溶かしたり、悪玉コレステロールという、動脈硬化の原因となる脂質を減らしたりする効果があります。

そして、まぐろ脂身と、先程、EAPで解説した、すじこ、さば、いわしには、DHAが多く含まれます。この名前を聞いたことがあるという方は、大勢いらっしゃると思います。ご存知の方も多いと思いますが、DHAには、脳でおこなわれる情報伝達をスムーズにし、記憶力や学習能力を向上させて、脳の老化を防いでくれる働きがあります。

ここで、摂りすぎはよくないですが、適度に摂ると好ましいのが、リノール酸です。紅花油、オリーブ油、ひまわり油には、リノール酸が多く含まれており、代謝を促進させる効果があります。しかし、摂り過ぎてしまうと、善玉コレステロールまで減らしてしまうこともあるので、注意が必要です。

γリノレイン酸は、月見草油に含まれており、糖値や血圧、血液中のコレステロールを下げて、血の流れをさらさらにしてくれる効果があることが分かっています。さらに、肥満の予防にも役立つという、まさに、ダイエット中の方にぴったりの油です。

最後に、アラキドン酸は、肉、卵、魚などの動物性の脂肪に含まれています。これも、摂りすぎると、動脈硬化、高血圧、アレルギー疾患を引き起こしてしまうので、注意が必要です。しかし、適度に摂ることができれば、血圧や、血液中のコレステロールを下げる働きをしてくれます。

ダイエットレシピ新着情報&ニュース 一覧
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース