スポンサード リンク
玄米のダイエット効果

白米を食べるよりも、玄米を食べる方が、体に良いという話は、耳にしたことがあると思います。実際のところ、カロリーはほぼ同じですので、ダイエットレシピには、特にどちらが良いということはありません。ただし、玄米は、白米に比べると、ビタミンEや食物繊維が非常に豊富です。

特に、玄米がダイエットに適している点は、お米が硬いことから、たくさん噛まなければならないという点です。たくさん噛むことによって、脳がたくさん食べたと感じ、満腹感を得られます。そして、それによって、食べすぎを防止することになります。早食いというのは、体にも良くないことですから、一石二鳥と言えるでしょう。

さらに、玄米の良いところは、白米に比べると、消化するのに時間がかかることから、腹持ちが良いことです。それが何を意味するかというと、つまり、簡単に言ってしまえば、「腹持ちが良い」と言うことは、「おなかが減りにくい」ということです。ということは、ダイエットの大敵である、「間食」を減らすことにつながります。

ついつい食べてしまうお菓子や夜食は、なかなかやめられないものです。おなかが減ったけれど、ご飯までには、まだ時間あるし、何か食べちゃえ!なんていうことは、よくあることという方も、多いかもしれません。間食をやめたら痩せれるだろうと、わかっていても、ガマンできないことがあると思います。

いつものお米を、白米から玄米に変えて、ゆっくりたくさん噛んで食べれば、満腹感を得られ、また、ご飯の量を減らせます。しかも腹持ちがいいから、間食しなくて済むというのが、玄米がダイエットに適しているという理由なのです。

ダイエットレシピで紹介されるのは、サラダとか、スープとか、ほとんどがおかずです。日本人の主食である白いご飯は、工夫のしようがあまりないからとも言えるでしょう。白米を食べていらっしゃる方は、玄米に挑戦してみてはいかがでしょうか?

ダイエットレシピ新着情報&ニュース 一覧
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース