ダイエットレシピ新着情報&ニュース 目次
スポンサード リンク

魚はダイエットにおすすめの食材です。旬の魚は脂がのっていてとてもおいしいですよね。でも脂がのっている魚はダイエット中だからと、敬遠するのは間違いなのです。痩せたいときには脂ののった魚を食べてダイエットに必要な栄養成分を摂取したほうが良いのです。

◆脂

魚の脂は皮や旬の魚の身に多くあります。脂溶性ビタミンや多価不飽和脂肪酸のDHA、EPAなどが豊富に含まれています。

イワシやサバ、アジといった青魚にはDHAが多く含まれており頭の働きを活発にしてくれます。EPAは血液を綺麗にする効果だけではなく、ダイエット効果も高いです。肌荒れなどのトラブルを予防する効果があります。

また脂溶性ビタミンには炎症を抑える働きがあるので花粉症などのアレルギー対策にも効果的です。魚の脂は体内で体脂肪を燃焼させて痩せやすい体つくりに役立ちます。

◆ビタミンB群

魚にはビタミンB1,B2といった栄養素が含まれています。ビタミンB群は代謝を司るビタミンです。ビタミンは健康な肌や髪などにも欠かせない存在で、代謝をよくするので健康的なダイエットにも繋がります。

◆アミノ酸・タンパク質

魚にはタンパク質やアミノ酸が豊富に含まれており、アミノ酸とタンパク質は、人間の体を造り保っていくためには大事の栄養素の一つです。特に魚のタンパク質は良質なので、消化吸収にも優れています。

◆タウリン

魚の血合い肉を食べることによって鉄分などのミネラルとアミノ酸の一種のタウリンが摂取できます。タウリンには体の様々な臓器に高濃度で含まれおり、臓器の機能を高めたり体細胞を正常な働きに戻す働きや疲れやむくみをとり、抵抗力も高めてくれます。

ダイエットレシピにおいて、特に気を使うもののひとつが、油だと思います。みなさんの中には、この油を、いかにダイエットレシピで抑えるかを、工夫している方も多いと思います。この油ですが、いくつかの種類があることを、ご存知でしょうか?

まず、脂肪は、大きく2つに分けることができます。飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸です。飽和脂肪酸は、肉類やバターに多く含まれ、不飽和脂肪酸は、植物油や魚の油に多く含まれています。

ちなみに、飽和脂肪酸は、動脈硬化の原因にもなっていて、摂りすぎは、体にはあまり良くないとされていますが、不飽和脂肪酸は、体に良い脂質を多く含んでいます。

そして、この不飽和脂肪酸は、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に区別できます。これらは、体の中で作ることができず、食事などから摂取しなければならない必須脂肪酸というものに該当します。

ここでは、その油の違いについて、ご紹介したいと思います。

まず、一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸ですが、これは、オリーブ油、紅花油、なたね油に含まれており、血液中のコレステロールを減少させ、血液をさらさらにしてくれる効果があります。しかも、前述の通り、飽和脂肪酸を下げるという役割も果たしています。そして、酸化されにくい上に、 便秘にも効果的なので、便秘に悩んでいる方にもオススメの油です。

そして、多価不飽和脂肪酸は、αリノレイン酸、EPA、DHA、リノール酸、γリノレイン酸、アラキドン酸と、いろいろなものがあり、それぞれ役割も少しずつ異なっています。

ここで、実行するには不向きなのですが、摂取比率の理想的な数字について、ご紹介します。飽和脂肪酸:一価不飽和脂肪酸:多価不飽和脂肪酸=2:3:2だそうです。

ただし、これは、実用的な数字ではありません。基本的に、飽和脂肪酸を含む食材は、少し控えめにして、不飽和脂肪酸を含む食材を意識して摂ることを心がけ、適度に脂質も身体に取り入れるようにすると良いでしょう。

みなさんは、多価不飽和脂肪酸をご存知でしょうか?

ダイエットレシピを考えていく上で、油にも、いろいろな種類があるということに、ふと気がつかれる方もいらっしゃるでしょう。油は、ほとんどの料理において、使用するものです。多くのダイエットレシピでも、もちろん使用するものです。

ここでは、多価不飽和脂肪酸に分類される、αリノレイン酸、EPA、DHA、リノール酸、γリノレイン酸、アラキドン酸の、6つについて、ご紹介したいと思います。

まず、αリノレイン酸ですが、えごま(シソ)油や、亜麻仁油に含まれ、この油は、脳梗塞や心筋梗塞、高血圧、癌を予防する優れた食品です。他にも、アレルギー性疾患を改善するという効果も知られています。

次に、EPAですが、これは、油ではなく、魚介類である、すじこ、いわし、さばに多く含まれており、血栓を溶かしたり、悪玉コレステロールという、動脈硬化の原因となる脂質を減らしたりする効果があります。

そして、まぐろ脂身と、先程、EAPで解説した、すじこ、さば、いわしには、DHAが多く含まれます。この名前を聞いたことがあるという方は、大勢いらっしゃると思います。ご存知の方も多いと思いますが、DHAには、脳でおこなわれる情報伝達をスムーズにし、記憶力や学習能力を向上させて、脳の老化を防いでくれる働きがあります。

ここで、摂りすぎはよくないですが、適度に摂ると好ましいのが、リノール酸です。紅花油、オリーブ油、ひまわり油には、リノール酸が多く含まれており、代謝を促進させる効果があります。しかし、摂り過ぎてしまうと、善玉コレステロールまで減らしてしまうこともあるので、注意が必要です。

γリノレイン酸は、月見草油に含まれており、糖値や血圧、血液中のコレステロールを下げて、血の流れをさらさらにしてくれる効果があることが分かっています。さらに、肥満の予防にも役立つという、まさに、ダイエット中の方にぴったりの油です。

最後に、アラキドン酸は、肉、卵、魚などの動物性の脂肪に含まれています。これも、摂りすぎると、動脈硬化、高血圧、アレルギー疾患を引き起こしてしまうので、注意が必要です。しかし、適度に摂ることができれば、血圧や、血液中のコレステロールを下げる働きをしてくれます。

白米を食べるよりも、玄米を食べる方が、体に良いという話は、耳にしたことがあると思います。実際のところ、カロリーはほぼ同じですので、ダイエットレシピには、特にどちらが良いということはありません。ただし、玄米は、白米に比べると、ビタミンEや食物繊維が非常に豊富です。

特に、玄米がダイエットに適している点は、お米が硬いことから、たくさん噛まなければならないという点です。たくさん噛むことによって、脳がたくさん食べたと感じ、満腹感を得られます。そして、それによって、食べすぎを防止することになります。早食いというのは、体にも良くないことですから、一石二鳥と言えるでしょう。

さらに、玄米の良いところは、白米に比べると、消化するのに時間がかかることから、腹持ちが良いことです。それが何を意味するかというと、つまり、簡単に言ってしまえば、「腹持ちが良い」と言うことは、「おなかが減りにくい」ということです。ということは、ダイエットの大敵である、「間食」を減らすことにつながります。

ついつい食べてしまうお菓子や夜食は、なかなかやめられないものです。おなかが減ったけれど、ご飯までには、まだ時間あるし、何か食べちゃえ!なんていうことは、よくあることという方も、多いかもしれません。間食をやめたら痩せれるだろうと、わかっていても、ガマンできないことがあると思います。

いつものお米を、白米から玄米に変えて、ゆっくりたくさん噛んで食べれば、満腹感を得られ、また、ご飯の量を減らせます。しかも腹持ちがいいから、間食しなくて済むというのが、玄米がダイエットに適しているという理由なのです。

ダイエットレシピで紹介されるのは、サラダとか、スープとか、ほとんどがおかずです。日本人の主食である白いご飯は、工夫のしようがあまりないからとも言えるでしょう。白米を食べていらっしゃる方は、玄米に挑戦してみてはいかがでしょうか?

健康的になるには身体の中の毒素を上手に排出することが一つのポイントですよね。「毒出しジュース(ダイエット)」というものがあり、健康情報誌などからちょっとしたブームになっているそうです。

「毒出しジュース(ダイエット)」の考案者は松生クリニック院長の松生恒夫医師で大腸の内視鏡の専門医として活躍しており2万人以上の患者を診てきた経験があるそうです。

「毒出しジュース(ダイエット)」にはハーブやフルーツの力たくさんはいっておりむくみの解消や新陳代謝を良くする働きがあります。

◆毒出しジュースの材料

・乾燥ペパーミント…小さじ1(ティバッグタイプのペパーミントティも可)
・お湯…400ml
・ミネラルウォーター(硬水)…100ml
・レモン果汁…大さじ2(市販の100パーセントレモン果汁も可)
・しょうが(チューブタイプのものなら1~2センチ程度、生の場合も同量のすりおろし)
・オリゴ糖…適量

初期のものにはミネラルウォーターの代わりににがりを入れる方法もあるそうです。

◆毒出しジュースの作り方

1.乾燥ペパーミントをポットなどに入れて、400mlのお湯を注ぎます。ペパーミントティを抽出します。
2.乾燥ペパーミントを使用した場合には、茶こしなどでこして別の容器に移しておきます。
3.ミネラルウォーター(硬水)を足して総容量を500mlにします。
4.レモン果汁、しょうが、オリゴ糖を加えてかき混ぜてできあがりです。

春は身体をリセットするにはふさわしい時期です。ダイエットをして心も体もリセットしてみてはどうでしょうか。

まずは、30分間、ゆったりと落ち着くことのできる時間を作ります。どんなことでもよいのです。

入浴して好みの香りをたのしんだりカフェでゆったりとくつろいだり、好きな音楽を聴いたり・・・さまざまなリラックスタイムがあると思います。

リラックスタイムを楽しんだら身体をリセットできるダイエットレシピを取り入れてみましょう。

◆にんじんとオレンジのシンプルサラダ(138kcal)

・材料(二人分)

にんじん(ピーラーでスライス) 40スライス
オレンジ 1/2個分
カシューナッツ 10粒
塩 適宜
こしょう 適宜
レモン果汁 1/8個分
お好みのオイル 小さじ1

・作り方

にんじんはピーラーでスライスして、オレンジは薄皮をむきます。カシューナッツはオーブントースターでローストして、食べやすくなるように割ります。ボウルににんじんとオレンジを入れて、塩、こしょう、レモン果汁とオイルをかけてよく混ぜあわせます。さいごにカシューナッツと粗挽きこしょうをかけてできあがりです。

◆味噌ナッツディップ(53kcal)

・材料(二人分)

味噌 小さじ2
ローストカシューナッツ 小さじ2
好みの野菜 適宜

・作り方

野菜を食べたい細さに切っておさらに盛り付けます。味噌と砕いたローストカシューナッツを混ぜてディップを作ります。野菜を盛ったおさらに添えてできあがりです。

◆スクランブルエッグサラダ(113kcal)

・材料(二人分)

大根 5cm
卵 1個
塩、こしょう 適宜
プチトマト 5個
レタス 適宜
オールブランフレーク 30g

・作り方

レタスは冷たい水につけて、パリッとさせます。それから食べやすい大きさにちぎります。大根は千切りにしてトマトは半分に切ります。卵は耐熱容器に割りいれて、ほぐして塩・こしょうをかけてよく混ぜます。電子レンジをつかいとろとろのスクランブルエッグにします。

電子レンジは500wの場合は、30秒かけて混ぜて、また10秒かけて混ぜてを繰り返します。野菜をおさらに盛ります。塩こしょうをかけてオールブランフレークとスクランブルエッグをのせます。

ダイエットに関するレシピをご紹介したいと思います。

◆焼あじと豆腐のちり蒸し風

158kcal:1人分
調理時間:30分~
材料:4人分

あじ 2尾
塩 少々
木綿豆腐 1丁
しめじ 1パック
春菊 適当な量
昆布( 5cm角) 4枚
酒 大さじ8

・作り方

1.あじは内臓をとり出してぶつ切りにします。軽く塩をふってからグリルで焼きます。

2.一人分ずつ容器に昆布をしいてグリルで焼いたあじと豆腐、しめじを盛ってお酒をふりかけます。一人分につきレンジを強で約1分30秒かけます。つぎに春菊を加えてからレンジ強で約40秒加熱します。

※あじは良質のたんぱく質やEPA、DHAが豊富にあり、ビタミンB1、B2も摂取できます。産卵前の初夏まで旬でいただけます。焼魚に少し時間と手間をかけるだけで、豆腐やきのこなどの食材とあわせて美味しく食べることができます。

◆白菜とベーコンの焼酎鍋

273kcal:1人分
調理時間:30分~
材料 4人分

ベーコン 200g
白菜 800g
焼酎 1/2カップ
水 1カップ
胡椒 少々
ポン酢醤油 適量

・作り方

1.白菜を輪切りにして鍋に立ててきちんと詰めます。

2.白菜の間に2つに切ったベーコンをはめ込みます。焼酎をふりかけてつぎに胡椒をふりかけてから蓋をします。レンジを強で約10分かけてそのあとにレンジで弱を約25分加熱します。

3.ポン酢醤油をかけていただきます。

※白菜にはビタミンCがたくさんあり風邪予防に役立ちます。また、食物繊維が腸の働きを整えるので便通をスムーズにします。けっこうあっさりした味で体があたたまる料理です。

ダイエットレシピについてご紹介したいと思います。

◆きのこの白みそと豆乳スープ

・調理所要時間は20分。

・材料(1人分)
きのこ:80g(しめじ、しいたけ、エリンギなど好みの食材で)
だし汁:125(~150)cc
たまねぎ:30g
にんじん:20g
かぼちゃ:30g
パセリ:少々
白みそ:大さじ1/2
豆乳:75(~50)cc
塩・コショウ:少々

※パセリの代わりに三つ葉やイタリアンパセリ、セルフィーユなどを使っても美味しくできますよ。

・作り方

1.きのこはいしづきや根元を切りとって割りさきます。パセリはみじん切りにしてその他の野菜は食べやすい大きさに切ります。白みそと豆乳はよく混ぜあわせておきます。

2.お鍋にだし汁を入れてパセリ以外の野菜を煮ます。その時に、だし汁の量が少ないので火加減に注意するようにしましょう。お鍋の大きさによって出し汁の量を加減したほうがよいでしょう。

3.野菜が煮えてきたらきのこを加えてさっと煮ます。この時にだし汁の分量が少ないので火加減に注意するようにしましょう。お鍋の中の具をざっくりと混ぜてきのこに火をとおします。

4.火を弱めてから白みそを豆乳で溶いたものを加えます。塩・コショウで味をととのえてパセリを加えます。静かに火を通してスープがあたたまったら出きあがりです。豆乳を煮立たせてしまうとダマになりやすいので火加減に注意するようにしましょう。

きのこは低カロリーでビタミンB群がたくさん含まれています。糖質や脂質の代謝を促してくれるのでダイエットには最適の食材です。

ダイエット中は食べる量を減らしがちだと思いますが低カロリーの食材を加えることによってボリュームを増やして食べても見ても満足感を得られるように工夫するとよいでしょう。

また、きのこには食物繊維が豊富にあり腸内環境をととのえることやコレステロールの排出を助けます。メタボリックシンドロームが気になる方にもチャレンジしてもらいたいレシピです。

野菜はダイエットをする場合にはとても役立つ食材です。ビタミンACEやフィトケミカルがたくさん含まれています。体調を整えたり免疫力を高たり老化を防ぐこと効果もあります。

◆サラダほうれん草の塩蒸し焼き

色も鮮やかでうま味がたくさんはいっているほうれん草の塩蒸し焼きは塩をふりかけ、蓋をして蒸し焼きをします。

・材料

サラダほうれん草  1/2把
塩 ふたつまみ

・作り方

1.サラダほうれん草は冷水につけてから、しゃきっとさせます。

2.水気をきったほうれん草を鍋に入れて塩を振り掛けます。

3.ふたをしてから弱火で5分鍋をかけます。いい匂いがしてきたら火を止めて器に盛り付けます。

※つかう鍋によって蒸し焼きができる時間は違います。色をよく仕上げたいときには5分ぐらいがちょうどよいでしょう。土鍋をつかう場合は火のとおりがやわらかいので野菜のおいしさがよく引き出せるでしょう。

※葉物野菜は買ってきたら根元を切って2分ほど水につけます。水気を軽く切って袋に入れて冷蔵庫に立てて保管します。そうすると使うときにはシャキっとしていてとても元気な野菜に戻ります。使う20分前でもよいので水につけてみましょう。加熱する場合にもみずみずしい野菜のほうが熱のとおりがよいので食感や色も良いできになります。

おからのお菓子をたべてダイエット!!
 
◆おから餅(93kcal)

おからと牛乳と片栗粉をつかってお餅をつくってみましょう。材料を混ぜてから電子レンジで加熱し、よく混ぜるとモチモチとしていて歯切れのいいお餅になります。

おからの自然な甘みを味わうことができます。大豆が原料のきなこと合わせて食べてもよいでしょう。

・材料(2人分)

A:おから 50g、牛乳 50g、水 大さじ1、低カロリー甘味料 小さじ1、片栗粉 大さじ1と1/2

きな粉:大さじ1~2
塩:ひとつまみ
低カロリー甘味料:てきとうに

・作り方

耐熱容器にAを混ぜ合わせてから電子レンジ(600W)で1分間加熱します。

電子レンジから取り出してよく混ぜあわせてさらに2分間加熱します。レンジから取り出したらまた混ぜあわせてそのまま冷まします。

大きさは好みの大きさにして、塩と低カロリーの甘味料を混ぜたきな粉をからめてから盛り付けます。そして残ったきな粉をふりかけます。

・コメント

おからを使ったシンプルなお菓子は簡単につくることができます。おからには、女性ホルモンのバランスを整えるイソフラボンもたくさん含まれます。

ホルモンのバランスを整えてダイエットをして綺麗になりましょう。おからは冷凍保存もできますので捨ててしまわずに小分けにして冷凍しておきましょう。

乾燥したおからも自然食材のお店などで売っていますのでそういったものを利用してもよいですね。

ただ、おからに含まれている不溶性の食物繊維は食べ過ぎてしまうと胃腸に負担をかけてしまいます。胃腸が弱いという人は食べすぎないようにしましょう。

おからには、ダイエットに最適な栄養がたくさんあります。甘さ控えめの豆乳おからクッキーを作ってダイエットに役立てましょう。おからの食物繊維が水分を含んで膨らむので腹持ちがよくなりますよ。

・おからクッキーの材料(30個分)

生おから‥‥100g
薄力粉‥‥100g
ベーキングパウダー‥‥小さじ1
バター‥‥40g
砂糖‥‥40g
卵黄‥‥1個分
バニラエッセンス‥‥適量
豆乳‥‥大さじ2

・バリエーション

黒ゴマ‥‥大さじ1(1個32kcal)
ココア‥‥大さじ1(1個31kcal)
抹茶‥‥大さじ1(1個31kcal)
パンプキンパウダー‥‥大さじ1(1個31kcal )
人参パウダー‥‥大さじ1(1個31kcal)

・作り方

1.まず薄力粉とベーキングパウダーを、泡立て器でよく混ぜ合わせておきます。

2.冷蔵庫から取り出したバターは、ラップをかけずに電子レンジで20秒ほど加熱します。

3.ヘラをつかってよく混ぜあわせてつやが出るくらいのマヨネーズ状にします。このときにバターをきちんと練って柔らかくしておくと、砂糖や粉類が混ざりやすくなります。

4.砂糖を加えて白っぽくなるまですり混ぜます。

5.卵黄とバニラエッセンスを加えて混ぜます。

6.おからを加えて混ぜあわせます。

7.豆乳を加えて混ぜます。抹茶やココア、野菜パウダーを入れるときには豆乳で溶いて、6の後に入れてクリームとよくなじませてからおからを入れるとよいでしょう。

8.薄力粉を加えてからサックリと混ぜあわせます。

9.手でまとめてから二等分して、直径3cmの棒状にします。

10.ラップで包んで30分~1時間ていど冷蔵庫で寝かします。

11.台に軽く打ち粉をして生地を5mm位の厚さに切ります。

12.天板にクッキングシートを敷いてから、生地を並べます。

13.170度に温めておいたオーブンで20分程度焼きます。

えのき入りミニハンバーグのダイエットレシピについてご紹介したいと思います。ダイエットしていてもお肉食べたいですよね!

・ワンポイントアドバイス

えのき茸などのきのこ類は食物繊維がたくさん含まれています。摂取しておくと便秘解消にもつながります。毎日の食卓に色々と工夫してだしてあげると良いでしょうね。

・材料/4人分

えのき茸…200g
鶏ミンチ…300g

A)酒…大さじ2
  塩…小さじ1/2
  胡椒…少々
  土生姜(すりおろし)…1片

サラダ油…大さじ1
大根…250g
青ねぎ(小口切り)…1本
レモン…1/2個
醤油…小さじ1+1/3

・作り方

1.えのき茸は石づきを切り落とて、長さを1cmていどに切ります。ミンチにAを加えて粘りが出るまで混ぜます。えのきを加えてさらによく混ぜて8個の小判形にまとめます。

2.大根はすりおろしてから軽く水気をきります。レモンはくし形にカットします。

3.フライパンに油ひいて熱します。中火でハンバーグの両面を色よく焼いて、蓋をして弱火にしてハンバーグの中まで火を通します。

4.器に盛って、大根おろしをのせてからねぎを散らして、レモンと醤油を添えます。

・おすすめ献立

ご飯150g(252kcal)と小松菜の磯辺和え(18kcal)、のっぺい汁(35kcal) 今日の夕食にいかがでしょうか!!

寒天ダイエットというダイエットもありますよね。おやつに寒天をとりいれたり、料理の中に寒天をいれたりする方法ですが寒天は簡単につくることができますし、そんなに高くないので気になるかたは挑戦してみてくださいね!

◆寒天レシピ

水と粉寒天を鍋に入れてから、かき混ぜます。粉寒天は完全に煮溶かすようにします。寒天が溶けてから火を止めて、荒熱をとります。炭酸水と柚子の搾り汁を順番にいれてまぜます。容器に入れてだいたいさめたら冷蔵庫にいれます。

・材料

水 300cc
粉寒天 5g
炭酸水 適量
柚子の搾り汁 1個分

お砂糖は使わずの目が粗めのお砂糖をすこしふりかけていただきます。お砂糖のザラザラな感じと炭酸のシュワシュワっとした感じ、柚子のさわやかな甘さと酸味が、口の中にひろがりますよ。夏に食べるのもいいですね。

つくるときにサイダーなどを使ってもかまいませんが、糖分が気になるかたはお砂糖が入っていない炭酸水を使うといいですよ。炭酸水はスーパーや酒屋さんで売ってますよ。

柚子のかわりにレモンを使うとよいかもしれませんね。はちみつをかけると蜂蜜レモンにはやがわりです。ダイエットのために作るのであれば甘さを控えめにしましょう。
 
寒天は和風のデザートにもつかえますし、杏仁豆腐などのデザートにもつかえますよ。お肉やサラダ、味噌汁、タルタルソース、寒天のテリーヌなどもあります。色々なバリエーションが楽しめますね!

さつまいもの焼き菓子、ファイバーショコラのダイエットレシピについてご紹介したいと思います。ダイエット中でも甘いものを食べたくなることってありますよね。そんなときは身体にとっても良いお菓子をとりたいものです。

1切れがわずか100kcalのさつまいもの焼き菓子は一般のケーキと比べるとタンパク質や食物繊維がきちんと入っています。簡単に作れますので家でのパーティやプレゼントに作ってみても良いかもしれませんね。

さつまいもには、ビタミンB1・C・Eなどのビタミン類がたくさん含まれています。さつまいものビタミンB1やビタミンCは加熱しても損失が少ないことが特徴となっています。

ビタミンCは細胞の結合を強くするコラーゲンの生成を助けることができますので、お肌の張りを保つこともできます。ストレスが多かったりすると体内で消費されやすいため、なるべく補給するようにしましょうね。

さつまいもやココアには食物繊維がとてもたくさん含まれています。食物繊維の多い食べものは、胃の滞留時間が長いため満腹感が得られやすいのです。食べすぎの予防にもなり、腸内のそうじをしてくれますので体内の有害物質の排出を促してくれます。

さつまいもの皮やココアに含まているポリフェノール、ビタミンCやビタミンE、カロテンなどはアンチエイジングにも効果的です。皮をむかずに調理するとビタミンCの損失も防ぐことができます。よく洗ってから皮ごと料理するほうがよいでしょう。

さつまいもの収穫時期は秋なのですが、貯蔵中に甘みが増すため1月から3月頃もおいしく食べられるそうです。さつまいものデンプンがアミラーゼにより糖化しますので麦芽糖が生成するためです。ゆっくり加熱すると麦芽糖が生成しまうので、オーブンで焼いてみたり、水から加熱していくことによっても甘みが増していきますよ。

キャベツをつかったダイエットレシピについてご紹介したいと思います。

◆キャベツダイエットレシピ・ピリ辛キャベツ

エネルギー(1人前) 51 kcal

・材料(2人前)

キャベツ・・・200g
調味料A
塩・・・・・・小さじ1/2
砂糖・・・・・小さじ1/2
一味唐辛子・・少々
ごま油・・・小さじ2
ねぎみじん切り・・大さじ1
鷹のつめ・・・少々

・調理方法

キャベツをゆでて、太目の千切りにします。そして水気を軽く絞します。 調味料Aと鷹のつめを輪切りにしたものを用意して、キャベツと混ぜあわせます。

・ポイント

辛いものが好きという方は唐辛子の量を増やしてもよいかもしれませんね。ピッリッとした味が癖になりおいしくたべれます。とても簡単に作れますから、食卓にもう一品ほしいときに良いかもしれませんね。

他にもロールキャベツやキャベツをつかったシンプルなオムレツ、豆腐とキャベツをつかったあっさりとしたスープ、春キャベツをつかったシューマイなどキャベツはさまざまなお料理にもつかえるアイテムです。

サラダとして、レタスにもまぜて食べてもよいかもしれませんよ。便秘解消にもつながります。サラダとしてナマで食べるとよくかみますので満腹感もえられますし、歯やアゴを鍛えることも出来ますよね。

キャべツはそんなに高い野菜ではありませんし、一年中たべることができます。春キャベツなどはさらに美味しく食べることができますよね。キャベツを上手に活用してダイエットに成功するといいですよね。



お弁当の中身でもダイエットをしたいかたには、玉子焼きのレシピはいかがでしょうか。

◆ちりめんジャコとわかめの卵焼き

いつもの卵焼きもひとつ工夫することによって見た目もキレイで美しいお肌や髪の毛をつくることができます。柔らかな卵の中のジャコとワカメの食感がまた良い感じですよ。

調理時間:20分、カロリー:1人分 185kcal

・材料(2人分)

卵:3個

<調味料>
酒:小さじ1
砂糖:小さじ2
薄口しょうゆ:少々
チリメンジャコ:大さじ1(3g)
干しカットワカメ:大さじ1(3g)
大根おろし:1/2カップ(130g)
刻み細ネギ:大さじ1
プチトマト:4個
サラダ油:少々
ユズ汁:小さじ2
しょうゆ:少々

・作り方

1.卵は1つずつ割って、ボウルに3個分まとめます。チリメンジャコはザルに入れて熱湯をかけて臭みと軽く塩分を抜いてから水気を切ります。

2.干しカットワカメは水で戻して水気をしっかり絞ります。大根おろしは汁気を軽く絞ってから刻み細ネギと一緒に混ぜます。溶いた卵に調味料を加えて軽く混ぜ合わせてからチリメンジャコとワカメも混ぜます。

3.卵焼き器を中火で熱してからサラダ油を薄くひいて、2の1/3量を流し入れて菜ばしで大きく混ぜながら半熟状態で手前に寄せていきます。手前の卵を反対側に滑らせて卵焼き器にサラダ油を薄くひいていきます。

4.残りの卵液の半量を流し入れて反対側の卵の下にも菜ばしで卵を持ち上げて流し入れていきます。全体的に半熟状態になったら反対側から手前に卵を巻いていき残りの卵液も同様に巻いていきます。巻きすで巻いて形を整えて食べやすい大きさに切ってプチトマトと器に盛り合わせた大根おろしを添えたらできあがりです。

お好みでユズ汁やしょうゆをかけて召し上がって下さい。


ダイエットレシプのおからのトーストと豆乳オレンジドリングをご紹介したいと思います。朝食にぴったりのダイエットメニューですよ。

◆おからのトースト(253kcal)

・材料

おから:40g
トマトケチャップ:大さじ2
玉ねぎのみじん切り:大さじ1
ピーマン:1/2個
塩・こしょう:少々
食パン(6枚切り):1枚

・作り方

1.おから、トマトケチャップ、玉ねぎのみじん切りを混ぜあわせておからディップを作ります。

2.食パンにおからディップを塗ります。

3.スライスピーマンをディップの上にしいて塩コショウをふりかけて、オーブントースターで3分ていど焼きます。

おからディップなのですが、おかららしからぬ味となっておりグラタンにしても美味しくいただけます。おからがあまってしまったら冷凍しておいてもよいでしょう。

◆豆乳オレンジドリンク(88kcal)

豆乳でたんぱく質とミネラル、オレンジでビタミンCを補給することができますよ。

・材料

豆乳:100cc
オレンジジュース:100cc

・作り方

1.カップに豆乳とジュースを加えてながら混ぜていきます。

ちなみにジュースはどんなものでも大丈夫です。野菜ジュースをつかってもよいでしょう。

盛り付けとしてはパンとプレタスとトマトなどを器に盛り付けてジュースをそえてみてはいかがでしょうか。ダイエット中には朝食はきちんと食べて食物繊維供給することが大切です。

ぽっこりおなかはなんとかしたいですよね。便秘解消してぽっこりおなかを小さくしていきましょう。快適なお通じのポイントは、身体の中の水分を不足しないようにすることです。

◆腸内環境を整えるレシピ、腸内細菌を元気にするオリゴヨーグルト(212kcal)

腸内を元気にするにはオリゴ糖をとるとよいですよ。腸内細菌の善玉菌がたくさん含まているヨーグルトは、毎日摂取したい食材ですよね。善玉菌を元気にする効果があるオリゴ糖をあわせた、オリゴヨーグルトがようですよ。オリゴ糖は、乳製品や大豆製品、フルーツ、ハチミツなどにたくさん含まれています。

●オリゴヨーグルト

・材料(2人分)

ヨーグルト:200cc
おから:30g
干しいちじく:2粒
干しぶどう:小さじ2
オレンジ:2切れ
ハチミツ:大さじ2

・作り方

作り方は、とてもかんたんで器におからを入れて、ヨーグルトを注ぎます。フルーツとおからをのせてからハチミツをかけておわりです。

◆腸内環境を整えるレシピの玉ねぎのラクチン(45kcal)

玉ねぎの自然な甘さをおいしい感じることができます。玉ねぎは野菜の中でも、一番オリゴ糖がたくさん含まれていますす。玉ねぎはデトックス食材としても有名なのです。

●玉ねぎのタクチン

・材料(1人分)

玉ねぎ:1/2個
かつお節:大さじ1
しょうゆ:小さじ1

・作り方

耐熱の器に玉ねぎとかつお節をのせてしょうゆをかけます。ラップをしてから電子レンジで3分ていど加熱します。

ダイエットに向いているヘルシーダイエットスープのレシプをご紹介したいと思います。

◆ヘルシーダイエットはるさめスープ

・材料

とりひき肉:適量
卵:1個
えのき:適量
しいたけ:適量
青梗菜:適量
はるさめ:適量
きくらげ:適量
ネギ:1/4本
小麦粉:少々
しょうゆ:大さじ2
塩コショウ:少々
顆粒だし:大さじ2
胡麻油:少々

・作り方

まず、とりひき肉に卵1個と小麦粉を少々、塩コショウを少ししてみじんきりしたネギを加えてよく練っていきます。 なべに水を入れて沸かして沸騰したらえのきとしいたけをいれます。3分くらいたったら青梗菜と顆粒のだしをくわえていきます。

味付けは、しょうゆと塩コショウを好みの量をいれて味付けをします。はじめに混ぜておいたひきにくをスプーンなどで丸めて入れます。丸めて入れたひき肉が浮いてきたら最後に胡麻油を少したらします。器に茹でたはるさめをいれて上からスープを注ぐと出来上がりです。

・ワンポイントアドバイス

おなかがいっぱいになるように野菜をたくさん入れると満腹になりますよ。野菜は白菜やキャベツ、にんじん、玉ねぎなどをくわえてもよいでしょう。

温野菜は、冷たいサラダでたくさんの野菜を食べようとするよりもたくさん食べることができます。野菜をたくさんとってヘルシーにダイエットを成功させましょう!!

シナモンは抗ウイルス、抗菌作用があるためO-157などの細菌感染を防ぐ効果が期待でき、冷え性のかたにも良いとされています。シナモンは血行をよくしてくれますので体温を上昇させて冷え性の改善にも優れます。特に末梢血管の拡張作用があって手足の血流を改善しながらリュウマチなどの関節の痛みを鎮めめてくれます。

ほかにもシナモンの辛味はお腹を温めてくれますので冷えからくる風邪や下痢、腹痛などの症状を緩和してくれます。また発汗を促しますので解熱作用もあります。またシナモンの香りは嗅覚を刺激しますので胃の働きを高めて消化機能を活発にしれくれます。胃腸の働きが高まることにより冷えは改善されますし代謝をアップさせてくれます。拒食症のかたにも最適な食材といえるでしょう。

女性特有の生理痛にも効果があり、シナモンに含まれているタンニンが子宮を収斂してくれますので生理痛をやわらげます。生殖器の強壮作用によって不感症にも効果があるとされており、ただ妊娠中の場合は刺激が強すぎますので流早産の危険性があるので控えるようにしましょう。そしてシナモンの香りには自律神経を静めてくれて気分をリラックスさせる効果があり、不安やストレス、落ち込みや、PMS(生理前緊張症)にも効果があるとされています。最近では体内のインシュリンの分泌を高めてくれますので中性脂肪値やコレステロール値、血糖値を30%以上下げる効果も発見されました。糖尿病や肥満防止が注目されているのです。
 

低インシュリンダイエットはちょっと前に流行りましたよね。糖分をたくさん摂取することによって血糖値が急激に上昇してしまい元に戻そうとしてすい臓からインシュリンというホルモンもたくさん分泌されます。インシュリンは糖を肝臓や筋肉に送りこみ処理をおこなおうとします。それらはエネルギーとして消費されることになりますが、余った糖の場合は脂肪細胞に送りこまれて中性脂肪として蓄える働きもあるのです。血糖値が上がりやすい炭水化物をなるべく控えてインシュリンの分泌量を少ない状態にして脂肪合成を阻もうとするダイエット法が低インシュリンダイエットなのです。

低インシュリンダイエットのメリットはどのようなものがあるのでしょうか。消化吸収の遅いものを選ぶため腹持ちがよくて空腹感を抑制することが期待できます。ただ胃の弱い人は玄米食などを食べると逆に胃を悪くしたりします。低インシュリンダイエットは身体にとって弊害はないのでしょうか。実は制限も多いためストレスに感じてしまい続けにくいという点があります。甘いものへの渇望が生じてしまうためリバウンドということもあるのです。

脳の唯一のエネルギー源は糖質なので極端に炭水化物を減らしてしまうと脳の働きが鈍ってしまいます。糖質が不足してしまうと肝臓のグリコーゲンを分解したり、筋肉のたんぱく質をさえ分解してしまいブドウ糖にかえるてしまうので肝臓に負担がかかってしまい筋肉が落ちて基礎代謝が低くなってしまいます。栄養バランスも偏ってしまいますので血糖値の上昇を意識することはダイエットに役立つこともありますが血糖値の高いものを一切食べないというダイエット方法は色々な問題があると言えます。極端にしてしまうのではなくてバランスよく色々なものを食べるようにして健康的に痩せたほうがよいでしょう。

低インシュリンダイエットのポイントですがデザートは間食でとりましょう。低インシュリンダイエットではデザートよりも間食の方が太らないと考えられておりそれは食事をして血糖値が上がっている時にさらに糖が入ればインシュリンが大量に分泌されますが、お腹が空いている時は血糖値も低いためちょっとくらい糖が入ってきてたとしても大丈夫だという考え方です。

しかし太らないのは食後のデザートと言うような別な考え方もあります。食後はまだインシュリンが分泌されているため糖分を効率よく燃焼してくれるので体内に溜まるのを防いでくれることに対して間食の場合はインシュリンがあまり分泌されないため燃焼されにくくて体内に溜まりやすいといわけなのです。どちらを活用するにしてもデザートは少量にしたほうがよいでしょう。

つぎにNG食品に気をつけるということです。低インシュリンダイエットでは白米(GI値84)、うどん(85)、食パン(91)、じゃがいも(90)、人参(80)、とうもろこし(70)などに気をつけます。OK食品なのは玄米(56)、そば(59)、小麦全粒粉パン(50)、全粒粉パスタ(50)パスタ(65)などがあたります。

そして固めに調理をすることです。固めに調理することによって消化吸収を遅くすることや血糖値が上昇するスピードをゆるやかにすることができます。パスタの場合はアルデンテに茹でたりうどんはこしのある讃岐うどんにし煮物は固めに仕上げるようにします。お粥より白米がよいでしょう。そして精製されたものより未精製の物がよいとされています。白米より玄米で食パンより全粒紛パンというようなことです。

ダイエットをしていてもおいしいものが食べたいですよね。あさりご飯はパソコンなどをよく利用して目を酷使しているかたに向いているレシピですよ。あさりには鉄やビタミンB12がたくさんはいっていてキズついてしまった眼の角膜を修復してくれますよ。疲れた眼をあさりご飯をたべていたわってあげましょう。

あさりご飯の気になるカロリーですが、1人分210Kcalです。材料を二人分でご紹介しますと、あさりが100g、米1合、水3カップ、だし昆布5cm、青ねぎ(刻んでおく)1本から2本、刻み海苔適量です。調味料は酒と淡口醤油がそれぞれ大さじ1、塩と生姜の搾り汁がそれぞれ小さじ1、だしの素を適量です。

つぎに作り方ですが、あさりは貝どうしをこすりあわせるようにしてよくあらってあげましょう。鍋に水とあさり、だし昆布をいれて沸騰をしたら弱火にして3分煮ます。ゆで汁220ccに調味料をくわえて味付けをします。洗ったお米にゆで汁と調味料をくわえてものをくわえて炊き上げます。炊き上がったら器にご飯をもってあさりを飾って刻み葱と海苔をふりかけましょう。

あさりの鉄分やビタミンB12が貧血を改善してくれて脂肪分解をうながしてくれますよ。殻がついているままだと食べるのに時間がかかりますので食べすぎを防いでくれますよ。さりのクロムで低インシュリンダイエットにつながります。またアサリにふくまれている亜鉛は食欲を抑制するレプチンの分泌を促してくれますよ。

ダイエットをしていもお菓子って食べたくなりますよね。そんな時は低カロリーでヘルシーな素材をつかったお菓子をつくってみてはいかがでしょうか。低カロリーでヘルシーな素材をつかった和菓子のレシピは色々とありますよ。たとえばわらびもち風スリムパック、お麩スナック、豆腐白玉のいちご盛り、和風セサミスティック、かぼちゃのヘルシーきんつば、スパイシー芋ようかん、豆腐のシャーベット、レモンとミントのはちみつ寒天、みそポテト団子などがありますよ。

レモンとミントのはちみつ寒天なんてさっぱりとしていておいしそうですよね。カロリーは74kcalでたんぱく質が0.1gはいっています。ミントがとても涼しげな寒天デザートなので夏なんかもいいでうしょね。ミントは液が温かいうちにいれてしまうと変色してしまうため液がちゃんとさめてから寒天がかたまらないうちに入れるとよいでしょう。

材料は二人分だとレモン汁が大さじ1ではちみつが大さじ3、ミントを適量、寒天が1/2本、水が250ccです。つくりかたは寒天を水で軽く押し洗いをして水にさらしてから絞りましょう。なべに水とさきほどの寒天をちぎっていれてから弱火にかけます。寒天が煮溶けるのを確認したらはちみつとレモン汁をくわえて一分くらいにて火を止めましょう。つぎにさるでこして水にくぐらせた型に流しいれてさめたらミントの葉をちらします。冷蔵庫で一時間以上ひたして固めて切っておさらに盛り付ければできあがりですよ

PMSとは月経前症候群というものがあります。多くの女性は「イライラしたり」、「気分が沈んだり」、「具合が悪かったり」、「異常な食欲」、「体重が増えたり」、「化粧のノリが悪い」というように毎月決まった周期でさまざまな情緒不安定や体調不良を起こしてしまい憂鬱になります。このような、排卵から月経開始の時期の身体的や精神的不快な症状が月経前症候群(PMS:premenstrual syndrome)なのです。毎月の憂鬱な気分が少しでも軽くなるようなレシピがありますので興味のあるかたは朝鮮してみてくださいね。

PMSをやわらげるコツは2つです。まずは刺激物を控えたり、バランスのとれた食事をすることです。これは女性のカラダにとってともて大切なことなのです。神経質になりすぎないで、カラダにいいことをしてあげたほうがよいでしょう。お茶碗一杯を二回にわけて食べるようにしてもよいですよ。また過激なダイエットはよくありません。痩せたい一心で、穀物やでんぷん類をとらないようにすると、エネルギー切れが起こってしまいます。その結果、血糖値が下がりますので頭痛をおこしたり、頭が重たくなったり、気分が悪くなったり、甘いものやスナック菓子が食べたくなるというような症状をおこしてしまいます。

食事の回数を増やして血糖値を一定にすれば症状がやわらぎますし太る心配もありません。たとえば朝食でご飯を一膳食べるのであれば茶碗一杯分を半分ずつおにぎりにして、朝食と昼食前に分けて食べると血糖値をたもつことができます。仕事をしている方は匂いが広がらずに手軽に食べられるクッキーやシリアルバーなどでもよいとおもいます。昼食から夕食の間や、夕食から深夜の間も同じよう食べて血糖値を保つようにしましょう。血糖値が安定すればダイエット中に起こりやすい深夜のドカ食いなども改善されますよ。

血糖値コントロールレシピですが、糖分が欲しくなったときに一気に血糖値をあげてしまう砂糖や液糖は控えたほうがよいでしょう。代わりに穀物やお芋などの複合多糖質でゆっくり消化吸収されて血糖が維持できる糖質が入っている食品を選んだほうがよいでしょう。例えば、メープルシロップを使ったお菓子などもオススメです。

春はリセットするダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。身体に溜まってしまったいらないもの、自分のいらない習慣を改善するときのもよい時期だとおもいます。そのためリセットダイエットがオススメです。けっして難しいことはありませんよ。まずは30分くらいゆったり落ち着く時間を作ります。気持ちいい場所と時間を自分のために作るようにしましょう。

入浴した後にお好みのオイルでマッサージをして、好きなアロマを部屋に満たしてもよいとおもいます。また自分の大好きなカフェで、お気に入りのお茶を注文してもいいですし、音楽を楽しんでもよいとおもいます。こだわって「気持ちよい時間を創ること」に成功がかかっていますのでここだけは力を入れておいてくださいね。

でもよく「わからない」というかたもいるかもしれません。それでもいいとおもいます。そういったことがわかっただけでも収穫だとおもいますよ。具体的にわからないという人は、今の一番気持ちいい環境を作るようにしましょう。もし、まだ少しだけ違うなぁと思えば成功だとおもいますよ!それを探しながら、ダイエットを続けるようにしましょう。

なりたい自分を見つける時間と、こころのゆとりを作るために、夕食におすすめしたい簡単サラダをご紹介したいとおもいます。にんじんとオレンジのシンプルサラダ(138kcal)です。材料(二人分)でにんじん(ピーラーでスライス) 40スライスです。オレンジ 1/2個分とカシューナッツ 10粒、塩適宜、こしょう適宜、レモン果汁 1/8個分、お好みのオイル 小さじ1です。

作り方は、にんじんはピーラーでスライスしてオレンジは薄皮をむきます。カシューナッツはオーブントースターでローストし、食べやすく割ります。ボウルににんじんやオレンジを入れて塩、こしょう、レモン果汁とオイルをかけてよく混ぜてみましょう。カシューナッツと粗挽きこしょうをかけます。

ゾーンダイエットはアメリカの生化学者バリー・シアーズ博士が提唱したダイエット法です。実はハリウッドスターのジェニファー・アニストンやジェニファー・ロペス、ブラッド・ピットというような多くの著名人も絶賛しているそうなのです。ゾーンダイエットの基本的な考え方は、糖質をカットすることによりインスリンの急激な上昇と下降を抑えていきます。そして糖質が必要以上に吸収されることを防ぐことにより肥満を防いでいきます。炭水化物ダイエット(カーボダイエット)のひとつといえます。

ゾーンダイエットでは、1日の食事で炭水化物を4、タンパク質を3、脂肪を3とカロリー比率4・3・3の割合で取ることになります。急激なインシュリンの増加を抑えるというように体内のホルモンバランスを整えていきます。その結果として体脂肪が燃焼しやすくなったり、血糖値が安定しますので脳が効果的に働くようになるそうです。そういった理論がゾーンダイエットの理論なのです。この方法であれば運動をしないでテレビを観ているだけでも痩せられると書籍には書かれているそうです。

ゾーンダイエット(4・3・3ダイエット)の方法ですが、毎日摂取する栄養素の比率を炭水化物4・たんぱく質3・脂肪3にするのですが、食事に含まれる3つの栄養素のグラム比ではなくてカロリー比で計算することになります。大切な点は脂肪が30%を上回っても下回っていたとしても炭水化物とたんぱく質の比率は常に4対3の割合にするということです。そして毎回の食事には、280ccかそれ相応の砂糖が抜いてある飲み物をとることです。

ゾーンダイエットでは、1日の食事内容を炭水化物を4、タンパク質を3、脂肪を3とカロリー比率4・3・3の割合で取ります。しかし、この4・3・3の割合さえ守っていれば、何を食べてよいわけではありません。ホルモンや酵素に悪影響を与える食品を摂取することはNGです。このダイエット方法ではバリー・シアーズ博士が推奨する食品をとらなければなりません。食事の間隔は5時間以内にします。睡眠をする時は除いて5時間以上をあけてはなりません。

食は強力な投薬であるという考え方のため、食事はあたかも投薬のように規則正しくとらなければならないということなのです。5時間以内に食事=朝食・昼食・間食・夕食・夜食を摂るようにします。またカフェインを制限するようにします。カフェインはインスリンの分泌を高めるため、1日の摂取量は100mgまでとしています。食材の選び方ですが、炭水化物はグリセミックインデックス(GI値)の低い食材を選ぶようにしましょう。

またアルコールには注意が必要です。飲んだ時は摂取したアルコールのカロリーを1日分のエネルギーから削除しなければならないということなのです。ごはん1杯(110グラムとして)=ビールなら中ビン1本、そしてワインなら200cc、25度焼酎であれば110ccです。デザートとスナック菓子にも注意が必要です。ケーキや果物などにも炭水化物が多いため食べた時はアルコールと同じように1日分のエネルギーから削除しましょう。

ゾーンダイエットをおこなうときはたんぱく質は高たんぱく質で低脂肪のものを選ぶようにしましょう。動物性たんぱく質の場合は、卵白・鶏の胸肉(皮なし)・エビ・貝類・ラム肉・鶏のササミ・魚肉などです。植物性たんぱく質の場合は豆腐・大豆・納豆・高野豆腐などです。乳製品の場合は低脂肪カッテージチーズなどです。脂肪はアラキドン酸を含んでいる食品を避けるようにしましょう。つまり卵黄やレバーなどの内臓・脂質の多い家畜の肉です。

つぎに一価不飽和脂肪酸を含んでいる食材と油脂をとるようにします。これはオリーブ油やナタネ油などオレイン酸を含んでいる油のことです。ゾーンダイエットの献立作りには1日のたんぱく質所要量を決めることからはじめましょう。たんぱく質の所要量をポイント化してたんぱく質のポイントに応じて炭水化物と脂肪のポイントを決めていきます。求めたポイントを5回の食事に分配していきます。

ゾーンダイエット(4・3・3ダイエット)の効果についてですが、体脂肪を燃焼を促す体質になりますので恒久的にスリムな体型を維持することができます。また小さな病気にかかりにくくなったり難病(糖尿病・心臓病・ガンなど)に対しては回避能力が高まりますので、かかったとしても対応しやすくなります。個人が持っている運動能力を高めていきますので瞬発力を向上させることも可能です。運動をした後の筋肉疲労がなくて筋肉痛が起きにくくなったり脳細胞や神経細胞を健全にしますので精神の高揚と集中力を維持させることもできます。

太らないダイエットレシピがあったら、あなたは即実践しますか?ダイエットをするためには日々の努力が必要ですよね。食生活に気をつけて運動も適度に行っていけば自然と痩せることができるかもしれませんね。ダイエットレシピはなるべく簡単につくれるものが良いと思います。長続きをするためには手軽さも必須だと思うからです。人気の簡単ダイエットレシピを一部、ご紹介したいと思います。

まずは簡単野菜スープです。ほかにもうま煮豆腐や簡単ミネストローネ、ぴり辛こんにゃく、野菜たっぷりポトフ、トマトソースのパスタ、豆腐の和風ハンバーグ、スタミナキムチ鍋、低カロリーホワイトソース、もちもち麩の簡単すき焼きなどです。こうしてみてみると野菜や豆腐、こんにゃくなどをメインにしたレシピが多いとおもいます。やはり、ダイエットには野菜や豆腐、こんにゃくなどの食材が必須アイテムのようですね。

簡単野菜スープは、やさいをたくさん摂りたいというかたにおすすめのレシピです。材料はミックスベジタブル50g、水400cc、チキンコンソメ1個、塩コショウ少々だけなのでとっても簡単ですよね。つくりかたは鍋に水をわかして沸騰したらミックスベジタブルとチキンコンソメをいれて、塩と胡椒で味を調えればOKという手軽さです!もっと野菜が欲しいかたはキャベツやたまねぎ、にんじん、ほうれん草、しめじ、エリンギなどを入れてみても良いと思いますよ!

産後ダイエットレシピについてご紹介したいとおもいます。あなたは、産後ダイエットにどのようなレシピを取り入れましたか?この産後ダイエットレシピを気になる方は参考にしてみてくださいね。まず献立には必ず汁物を入れることです。汁物を先に飲めばそれだけでも、十分に満腹感が違うとおもいます。汁物の中身を具だくさんにすれば、一人のお昼はそれでも十分だとおもいます。ボリュームもありますし便秘を解消するために繊維質を摂って具材には根菜類を入れてみましょう。

汁物の味付けは味噌やコンソメ、中華だしというように基本をきめておいて飽きてきたらキムチを入れたり、クリーム風にしたりとしてみましょう。そうすれば飽きないとおもいます。ほkないも豆腐や納豆も1日1回は取るようにしまそゆ。豆腐は木綿がおすすめえす。特に豆腐ステーキやハンバーグなどにして焼いておけばかたくなってボリュームが出るため、よく食べるご主人でもきっとお料理に満足してもらえるとおもいますよ。タンパク質が摂取できてますしカロリーも低めなのでちょうどよいでしょう。値段も安いですし大豆製品は妊婦の強い味方だとおもいます。

あとはキャベツ・じゃがいも・にんじん・たまねぎ・きのこ等を蒸し煮にしてポトフ風にしたものもよいとおもいます。ウィンナーを入れてつくれば味付けは不要なくらいだとおもいます。軽く塩コショウをすれば十分でドライのハーブがあれば入れると、風味も増しておいしいとおもいますよ。薄味なので、飽きてきてしまったらそのまま牛乳と一緒にミキサーにすれば即席でポタージュができます。栄養も満点なので一石二鳥メニューとしておすすめですよ。

ちょっと有り得ないキャッチコピーで流行したダイエット方法があります。それが7日間ダイエットの脂肪燃焼スープのレシピです。キャッチコピーを紹介しますと「心臓その他の外科手術などの前に、短期間で脂肪を落とす必要がある人のための食事・・・」ということです。”脂肪燃焼スープ(ダイエット)”または”7日間脂肪燃焼(スープ)ダイエット”と呼ばれているものですが、あなたは興味をおもちですか?7日間で痩せるということは、過激なダイエットなのでしょうか?

7日ダイエット!脂肪燃焼スープのレシピの仕組みや利点・問題点について考えてみたいと思います。7日間脂肪燃焼ダイエットとは、ダイエット期間中は野菜スープは飲み放題です。野菜が好きなら味には問題がないとおもいます。”7日間脂肪燃焼ダイエット”とは、野菜スープを中心にして7日間あらかじめ決められたメニューを食べるといったダイエット法です。出所が不明であることやそのつくりがシンプルである点にから、時折ブームになる口コミや怪文書系ダイエット法の一つのようです。

ちなみに90年代前半のころには「国立病院ダイエット(別名:デンマーク国立病院ダイエット、マヨダイエット、マヨグイニット法)」などと呼ばれているグレープフルーツやゆで卵を多用するちょっと似たようなスタイルのダイエット法が流行りました。このダイエット方法は、その後に専門家の批判が増えたためブームが収束しました。リバウンドしないでダイエットをできるのであれば、ちょっと気になりますよね。薄着の季節にむけてダイエットに励みたいかたも多いことだと思います。

7日間脂肪燃焼ダイエットのルールについてご紹介したいと思います。スープはいつでも好きな量に飲みます。そしてスケジュールに沿った食べ物を7日間食べるようにします。パンや揚げ物(衣に小麦粉)など小麦粉を使った食品を摂ってはならない。また飲みものは水、お茶、ブラックコーヒーなど糖分を含まないもののみとします。ただし100%ジュースはよいです。

それから炭酸飲料は禁止します。アルコールは禁止です。もしアルコール分が体内に残っている場合は24時間経過してからダイエットを開始します。砂糖などのあらゆる甘味料を摂ってはならない、7日間のスケジュールの中には肉を食べなければならない日がありますが、肉は牛肉に限りません。豚肉(脂身のないパーツ)、油で炒めない鶏肉(皮・脂身は除く)もしくは煮魚を食べても良いです。

7日間脂肪燃焼ダイエットの要となる野菜スープの作り方ですが、材料及び作り方はつぎのようになります。【材料】はキャベツ…1/2個、玉ねぎ…大3個、ピーマン…大1個、セロリ…1/2~1本、チキンスープの素…1個、ホールトマト…1缶です。作り方は(1)野菜を一口大にそれぞれ切っていきます。(2)大きな鍋に(1)とチキンスープの素、そしてホールトマトを入れ、水をひたひたにしたところで10分くらい火にかけて、あとは好みに応じながら野菜が柔らかくなるまで煮ます。もし煮込む場合には、途中で減った水を足してあげましょう。(3)最後に、塩やコショウ、好みに応じてカレーパウダー、チリソースなどで味付けをしましょう。

7日間脂肪燃焼ダイエットのスケジュールについてご紹介したとおもいます。この7日間脂肪燃焼ダイエット法は、次のようなスケジュールで行っていきます。ただ、この食事法は体に必要不可欠な栄養素を十分にとれない日があります。いわゆるちょっとした断食の一種です。そのため、7日間脂肪燃焼ダイエットを実行する際には体調に留意しながら、ムリをしないようにしましょう。

まずは材料をすべて鍋に入れて、お好みで煮込んでいきます。第1日目:スープとフルーツのみの日となります。バナナ以外のフルーツは何を食べても良いです。そして水分は水か100パーセントの果汁ジュースで補っていきます。つぎに第2日目:スープと野菜のみの日となります。油を使わなければ野菜の調理法は自由です。豆やスイートコーンを除いて種類も自由にえらべます。夕食にはベイクドポテトを食べても良いです。

第3日目:スープとフルーツと野菜の日となります。スープとフルーツと野菜を好きなだけ食べても良い日です。ただし、ベイクドボテトはNGとなります。第4日目:スープとバナナ、スキムミルクの日となります。バナナ3本食べます。スキムミルク適量を水で溶いて500mlにして飲みます。そしてお水を多めに飲んでいきます。第5日目:スープと肉とトマトの日です。

豚肉または皮なしの鶏肉または煮魚を350g~700gくあい食べて良いです。一部情報によると、牛肉も食べて良い場合もあります。トマトは6コまで食べても良いです。第6日目:スープと牛肉と野菜の日となります。牛肉の量に制限はありません。ベイクドポテトを除いて野菜を食べても良いです。最低一杯はスープを飲みます。第7日目:玄米と野菜とフルーツジュースの日です。玄米や野菜、フルーツジュース(100パーセント果汁)を飲みます。そして最低一杯はスープを飲みます。以上のことを実行することによって見かけの体重はほとんどの人で減ることになります。

節約もできてダイエットにもつながるお料理レシピがあります。「揚げないトンカツ」をご紹介したいとおもいます。見た目には、普通のトンカツと変わらないこのお料理は豚ヒレ肉でつくることができます。豚ひれ肉が安いときなどにかって作ってみてもよいですね。作り方はとても簡単です。一口大の豚ヒレ肉に塩コショウをします。お肉の厚さが薄い方が熱が通りやすくて良いです。

もしも、お肉に厚みがあるような時は、叩いて平たくしましょう。この揚げないトンカツのポイントはパン粉を少量の油で炒るという点です。これはキツネ色になるまでしっかりと炒りましょう。その後は、普通の揚げ物と一緒です。小麦粉→卵→パン粉の順でお肉に付けていきましょう。この時に、ビニール袋を1枚を使って、その中に順番に粉を入れてから肉に衣を付けてあげると洗い物も増えないので良いとおもいます。

小麦粉と卵は省いて直にお肉にパン粉だけまぶしても良いと思います。その方がとても簡単です。でも、パン粉を炒るのだけは忘れないようにしましょう。炒らないと、出来上がりの色が白っぽくなりますので美味しさが半減してしまいますよ。それから、トースターで5分ていど焼いて、裏返してまた5分くらい焼きます。余熱をつかって熱を通します。

こんにゃくのお料理は、おでんやすき焼きだけではありませんよね。健康的だからこんにゃくが好きになったという方が最近では増えてきています。スリムでヘルシーな体づくりのためにこんにゃくを食べるというかたもいますし、生活習慣病の予防のためにこんにゃくを食べるというかたもいます。こんにゃくは和・洋・中、デザートどのようなお料理にも使える食材として利用することができますよ。

たとえば糸こんにゃくと牡蠣の卵とじというお料理があります。レシピをご紹介しますと材料 (4人分)が糸こんにゃく、1パック、牡蠣が200g、みつばが80g、卵が3個、出し汁(a)がカップ1、しょうゆ(a)は大さじ1.5、砂糖(a)
が大さじ1、塩(a)が小さじ2/3です。作り方は1番目に糸こんにゃくは下ゆでして水にさらしておき食べやすい長さに切りましょう。

それから2番目に牡蠣は冷水で洗ってざるに上げてから水気をとります。3番目にはみつばをさっとゆでてからざく切りにします。そして4番目には卵を割ってほぐしておきましょう。5番目には平たい鍋で(a)を煮立たせてから2.を入れて火が通ったら1.を加えてからひと煮立ちさせます。 3.を加えてから4の卵でとじます。116Kcal(1人分)となっていますのでとてもヘルシーですよね。

簡単なダイエットレシピに鶏胸肉のポン酢ソテーがあります。鶏胸肉をポン酢につけてから柔らかく焼き上げていくお料理です。材料(2人分)で鶏胸肉が約200g、ポン酢 大さじ1/2、片栗粉大さじ1、サラダ油小さじ1となっています。作り方は鶏胸肉は皮をのぞいて食べやすい大きさに切ってからポリ袋に入れます。ポン酢を加えてからよくもんで半日から一晩くらい置いて味をなじませます。

そして片栗粉を入れてまんべんなくまぶします。フライパンに油をひいて鶏肉をこんがりきつね色になるまで両面焼きます。鶏肉はポン酢で味付けをするとさっぱりと食べることができます。鰹節を散らして食べてもおいしいそうです。ポン酢に漬け込んだ鶏胸肉はパサパサしないので柔らかく食べることができます。鶏肉を焼くときは焼きすぎてしまうと硬くなってしまうので、加熱する時間に注意したほうがよいでしょう。

つぎに鶏胸肉のマスタードソテーというレシピを紹介したいとおもいます。マスタードの辛さがアクセントとなる少量の油で焼いたソテーです。材料(2人分)で鶏胸肉が約200g、粒マスタードが小さじ1、塩小さじ1/4、片栗粉が大さじ1、サラダ油が小さじ1です。作り方は 鶏胸肉は皮をのぞき食べやすい大きさに切ります。そしてポリ袋に入れます。

塩やマスタードを加えてよくもんで30分ほど置いて味をなじませます。それから片栗粉を入れてまんべんなくまぶします。フライパンに油をひいて鶏肉をこんがりときつね色になるまで両面焼きます。鶏肉は皮をのぞいてカロリーオフにしましょう。皮を取ると20%のカロリーダウンになるみたいですよ。とても、あっさりとした味付けなのですが、マスタードの辛さがきいたダイエットレシピです。

大根のダイエットレシピには大根ステーキ ポン酢ソースや大根のキムチ煮、大根のめんつゆレンジ煮、大根のピリ辛漬け、大根ステーキ オイスターソース、大根のオーブン焼きなどがあります。どれも美味しそうですよね。大根は冬の野菜ですが、今では一年中手に入ります。冬の時期になったらお値段もやすく手に入りますので大根ダイエットレシピで美味しく食べてダイエットできたらよいですよね。

大根ステーキ ポン酢ソースのレシピをご紹介したいとおもいます。まずは電子レンジで加熱します。そして大根を香ばしく焼きます。食べるときはさっぱりのポン酢ソースでいただきます。材料(2人分)で大根6cm、ポン酢大さじ1、鰹節 適宜、サラダ油少々、ごま油少々です。用意する材料もそんなに多くないのでお手軽ですよね。

作り方ははじめに大根は皮をむいて3cmの厚さに切ります。そして格子状に切り込みを入れます。耐熱容器に入れてから、電子レンジで竹串がすっと通るまで、600Wで約6~6分半加熱します。つぎにフライパンに薄くサラダ油をひいて両面を色よく焼きます。それからポン酢を加えて、全体にからめます。最後に器に盛ってフライパンに残ったタレ、ごま油をかけて鰹節を散らします。

大根をつかったダイエットレシピには大根のキムチ煮があります。大根のキムチ似煮は大根をキムチの残り汁で煮た節約レシピなので家計にもやさしいですよね。電子レンジを使って簡単に作ることができる煮物です。材料は2人分で大根が300g、キムチの残り汁が40g、鶏ガラスープの素が小さじ1/2、水が180mlとなっています。作り方はつぎのとおりです。

まずは、大根は皮をむいて5mm~1cm幅の半月切りにします。深めの耐熱容器に入れてからキムチの残り汁、鶏ガラスープの素、水を加えましょう。電子レンジ600Wで約13~15分くらい加熱をします。ラップをはずさないでそのまま20分くらいおいて、味をなじませましょう。これで出来上がりです。加熱した後は時間をおいて味をなじませるようにしましょう。

すこし時間をおいておいたほうが味かしみこみますのでおいしくいただけます。キムチの残り汁を使った節約ダイエットレシピなのでキムチが好きな人にはおすすめです。ピリ辛キムチ味のホットな大根煮なのでキムチを食べ終わったときなどに作ってみると良いでしょう。節約しながらダイエットできたらうれしいですよね。ぜひ試してみてくださいね。

ダイエット中にはヘルシーなおやつを食べたいですよね。ヘルシーなおやつレシピをいくつかご紹介したいと思います。ヘルシーダイエットおやつレシピは寒天を使うのがコツです。一人分のカロリーは54キロカロリーと控えめなのでダイエット中でも安心して食べることができるおやつだと思います。グレープスカッシュのレシピをご紹介したいと思います。

グレープスカッシュは材料(4人分)で粉寒天が小さじ1、グレープジュースが1カップ、サイダーが1と1/2カップです。作り方は鍋に水1/2カップと粉寒天を入れてから火にかけます。そして、かき混ぜながら1~2分沸騰させて火をとめて グレープジュースを加えて混ぜます。グラスに均等に注いでサイダーを糖分に静かに注ぎます。

ひと混ぜしたら冷蔵庫で冷やして出来上がりです。とても簡単に作ることができて、炭酸でおなかもふくらみます。このレシピが気になるかたは是非、試してみましょう。グレープジュース以外にもオレンジジュースなどをつかってみても良いと思います。自分の好みのジュースで作ってみてもよいと思います。また、任意ンジュースなどをつかったドリンク風のおやつなどもあるので試してみるとよいでしょう。


おからとサケの炒り煮というダイエットレシピがあります。おからを使ったレシピは色々とありますので色々な食材とあわせて楽しむことができると思います。材料は材料名おからが130g~150g、椎茸が中5~6枚、サケ(またはサーモン)が4枚、人参が中2個、玉ねぎが大1個、しらす干しが100g、ベーコンは 30g、にんにくが2片、アスパラガスが1束です。
   
調味料はごま油が大さじ1.5、ほんだしが中さじ1、料理酒が大さじ3、みりんが大さじ3、コンソメスープの素が2個、濃縮しょうゆが少々、水が半カップです。作り方は1.サケ(またはサーモン)は焼いてか、骨を取っておきます。そして椎茸は火にかけて戻ておきし、戻し汁は残しておきます。そして人参・玉ねぎはいちょう切りにして、アスパラガスは小口切りにしたものを炒めましょう。

それから4.にんにくを炒めて、ちりめん、ベーコン、サーモンをよくほぐしながらいれていきます。5.水・椎茸の戻し汁・コンソメなどの調味料を入れてから、よくおからに味がしみこむまでかき混ぜながら煮ましょう。具材はお好みにあわせて変更をしてもよいでしょう。おからのレシピは韓国風おから、ミニマム卯の花、イカのおから煮などもあります。

ダイエットデザートのレシピで豆腐のヘルシーケーキをご紹介したいと思います。カロリーは一人分で206kcalです。調理にかかる時間は30分~です。4人分の材料は絹豆腐が300gでオールブランシリアルが1カップ、牛乳 が大さじ5でプレーンヨーグルトが1カップ、卵1個、卵白2個分、砂糖が大さじ4、レモン汁が大さじ1/2、ミントの葉が少々です。

この豆腐のヘルシーケーキの作り方は次のよおりです。まず1番目に豆腐は熱湯で約5分くらいゆでて、ザルに取っておき30分ほど置いてから水気を切っておきます。2番目にボウルにシリアルと牛乳を入れてからササッと混ぜておいて10分ほど置いてからしっとりさせます。そして直径で18cmの流し型にオーブンペーパーを敷いておいて、2番目を平らに敷き詰めます。

4番目にはフードプロセッサーに1とヨーグルト、卵、卵白、砂糖、レモン汁を入れてからピューレ状にします。5番目には4を3の型に流し入れておき180℃のオーブンで30分くらい焼きます。6番目は焼き上がったら冷蔵庫で冷やしておいてミントの葉を飾ります。これで豆腐のヘルシーケーキができあがりです。オールブランの代わりに普通のコーンフレークを入れても大丈夫です。甘味が欲しい場合にはジャムなどを好みであわせてもよいでしょう。

食べることを我慢して痩せようとしなくても、「肥満となる原因」と「太るメカニズム」、そして「ダイエット中の心理」を知っていれば極端な食事制限をしなくても、無理なくダイエットすることができます。めんどくさがりで運動が苦手な方でも無理なく実践することができるダイエット料理レシピなどもあります。また身体のゆがみをなおしていきシェイプアップにつながるダイエット方法などもあります。

栄養バランスがとれていて、炭水化物や脂質をおさえた料理レシピを用います。そして調理方法を工夫しておいしく食べながらスッキリとやせることができます。健康的にかつ美しくやせながら、生活習慣病や成人病の予防にもなることができるダイエット方法があると一番よいのではないでしょうか。基本的には、毎日の食事内容改善と調理方法の工夫をおこないます。

ちょっとした食習慣の改善をしていけば毎日たべる食事をダイエット料理にすることができます。そして、体力を落とさずに、健康的に美しくやせることができます。外食が多くて、自分で料理する機会が少ない人などでも、さまざまな食材や食品の栄養素データもありますので参考にしてみるとよいでしょう。ダイエット成功へのステップは、7ステップです。

寒天ダイエットは一時期、大ブレイクしましたね。寒天ダイエットはムリなくやせることができてお肌までツルツルになると大評判でした。しかし、その一方で、あまりの過熱ぶりに正しい知識や効果的な食べ方を知らないまま飛びつく人もでてきました。「とにかく寒天を食べればいいんでしょ?」というような気持ちでは、ダイエットに失敗してしまうかもしれません。

そもそも、寒天ってなぜダイエットによいのでしょうか。一度、寒天のダイエット効果についておさらいしてみましょう。寒天とはどのようなものなのでしょうか。寒天の原料はオゴノリ、テングサなどの紅藻類と呼ばれる海藻です。中国から伝えられたといわれていますが、乾物の寒天は日本で誕生しました。寒い時期に京都の料亭でところてんを外に出したままにしていたところ、翌朝には自然乾燥により硬くなっていたという話が伝わっています。

ダイエット効果についてはカロリーの心配がいらないといった点です。そのほとんどが食物繊維でできている寒天はほぼノンカロリーです。そのため、たくさん食べても安心です。WHO(世界保健機関)の食品規格部会では、寒天を「ノーリミテッド」とsれています。つまり制限なしで食べられる食品に分類しています。そして満腹効果が抜群といって点があげられます。たった1gで、なんと100gの水分を吸収することが寒天にはできます。

寒天はかさ増し効果がありますのでダイエットに向いている食材だといえます。かさ増しの効果でお腹を満たすことができれば、ご飯の量を自然と減らすことができると思います。つまり、空腹のストレスをもたないでダイエットすることができるというわけです。また、寒天には食物繊維がたっぷりと含まれています。繊維のかたまりともいえます。

寒天は、可食部の7割以上が食物繊維で腹持ちが良いだけでなくて、お通じをスムーズにする働きもあります。ダイエットをする同時に、美肌効果も期待するkとができます。また寒天には糖の吸収を遅らせる効果もあります。寒天の食物繊維は腸内に長くとどまりますので、腸からの糖質の吸収スピードをかなりゆるやかにしてくれる作用があります。

その結果として、余分な糖質が脂肪に変わるのを抑えてくれるということなのです。つまり、寒天はノンカロリーで食物繊維が豊富というような特徴からダイエットに適しているといえます。寒天はほとんど無味無臭なので、ほかの食材とミックスしやすいというメリットがあると思います。こういったメリットを利用して色々な寒天の味のバリエーションをつくってみるとよいでしょう。

知っているようで知らない、寒天の真実についてご紹介したいと思います。寒天ダイエットで誤解されやすい落とし穴は、次のような点です。例えば寒天の中でも粉寒天は、そのまま水やお茶で飲めるからダイエットするにはとても手軽であること、そして糸寒天は、麺風にしたりサラダにしたりというようにアレンジがきくためダイエットしやすいという点などです。

他にも寒天はお腹の中で水分をたくさん吸うため満腹効果が得られるという点や寒天ダイエットは食べるだけでも大丈夫です。そして運動しなくていいからラクちんにできるという内容が当てはまります。この中で正しいものは寒天を食べる時間帯は夕食前、もしくは夕食代わりがベストという内容です。これは夜の摂取カロリーを減らすということがダイエットの鉄則だからです。

夜は昼間に比べてみると消費カロリーが少ないため、摂取カロリーも抑えるということが理想的です。夕食の前に寒天をちょっとつまめばお腹がふくれますので夕食の量を減らすことができます。夕食代わりにしても良いとおもいますが、栄養バランスを考えたメニューにしたほうがよいでしょう。それから寒天はほとんど無味無臭のため、ほかの食材とミックスしやすいというメリットがありますのでこういった内容を利用して色々な寒天の味バリエをつくってみるとよいでしょう。

寒天の中でも粉寒天は、そのまま水やお茶に溶かして飲めるのでダイエットするには手軽だというイメージをもたれているかたもいるかもしれませんが、粉寒天は粉薬ではありませんので水分でかさを増さないと意味がありません。一時期はブームにのって、通販などで「水で飲むだけ」と謡った粉寒天も出回っていました。

しかし粉寒天を、薬やサプリのように水で流し込んでもまったく効果はありません。せいぜい、食物繊維を補給するというくらいだと思います。寒天の最大の特徴といえば、大量の水分を吸いますのでかさが増すということです。これによって得られる満腹感こそが大事なことなのです。だからきちんと適量の水で煮溶かしておきましょう。そして冷やし固めてゼリー状にしないとダイエットに利用する意味がないといえます。

それから糸寒天は、麺風にしたりサラダにしたりすることができて、アレンジがきくのでダイエットしやすいというイメージもあると思います。確かに低カロリーなお料理にはなると思いますが、「かさ増し効果」は得られません。糸寒天を水にもどしてそのまま使うのと、煮溶かして使うのとでは含んでいる水分量が違います。満腹感はさほど得られないため空腹のストレスに悩まされてしまうかもしれません。

寒天ダイエットの間違った認識についてご紹介したいと思います。寒天はお腹の中で水分をたくさん吸うから満腹効果が得られるというような認識があるかもしれませんが、寒天は、体内の水分は吸わないので誤解だといえます。粉寒天を水で飲めば大丈夫と思っている人が誤解しやすい点と同じだと思います。

そして、寒天ダイエットは食べるだけで大丈夫だから運動しなくてもいいからラクにダイエットできるといった誤解もあります。しかし、人間は運動しないと筋肉が細くなってしまいますので痩せづらい身体になっていまいます。人間の身体の中では、筋肉は多量のエネルギーを消費するための組織なのです。

安静状態で消費するエネルギーのことを一般に基礎代謝と呼んでいますが、これは筋肉量が多いほど高いとされています。筋肉が細くなってしまうと、この基礎代謝が落ちてしまったり筋肉を支えるために脂肪がその周りにつきやすくなってしまいます。脂肪は特に下半身につきやすいので、ウォーキングをするとよいでしょう。寒天ダイエットをしながら1日1万歩を目安にしてウォーキングを続けると効果があると思います。

寒天ダイエットをするときに、寒天を食べる時間帯は夕食前がよいでしょう。または夕食代わりに寒天ダイエットのメニューをたべるとよいでしょう。夜の摂取カロリーを減らすということがダイエットの鉄則です。夜は昼間に比べてみると消費カロリーが少ないため、摂取カロリーも抑えていくことが理想的です。

夕食の前に寒天をちょっとつまめば、お腹がふくれて夕食の量を減らすことができます。夕食代わりにしても良いと思いますが、栄養バランスを考えたメニューにしましょう。寒天はほとんど無味無臭のため、ほかの食材とミックスしやすいというメリットがあります。この点を利用していろんな寒天の味バリエをつくってみましょう!

寒天の基本の作り方は、粉寒天は1. 粉寒天4gに対して水500ccを加えてから、よく混ぜ合わせます。そして2. 鍋に移してからおたまなどでかき混ぜながら火にかけ、沸騰したら弱火で2分程度煮ていきます。 3. ボウルやタッパーなどの型に流し込み、冷ましていきます。 棒寒天は1. 棒寒天4g(約1/2本)を軽く水洗いし、たっぷりの水で20分程度もどしていきます。

そして2. 水気を絞って、水500ccを入れた鍋にちぎって入れていきます。火にかけて沸騰してから5分程度煮ることになりますが、ダマになりやすいのでよくかきまぜておいて完全に溶かしましょう。それから3. 粉寒天と同じ要領で冷ましていきます。トマトジュースと寒天をあわせればリコピンがたっぷりのトマト寒天ができあがります。

キャベツ(スープ)ダイエットとは、キャベツに含まれるイソチオシアネートやビタミンUによって、抗ガン効果や胃腸回復を図っていきます。そそて、その食物繊維によって満腹感を感じながらダイエットに成功する方法のことです。キャベツ(スープ)ダイエットのキャベツはガン予防のの可能性が高い食品リストなのですが、ニンニクに次いで2番目に高い評価を得ています。

また、キャベツ(スープ)ダイエットは荒れた胃や腸を元気にしてくれるビタミンUをたっぷり含んでいることもわかっています。ビタミンUは、胃腸薬に配合される粘膜修復成分としても有名なのですさらにビタミンUは、冷蔵庫の中で保存するとよって増えることがわかっています。キャベツダイエットの実践方法としては次のような方法でおこないます。

毎食、食事の前に生のキャベツを約6分の1個(150g)を、千切りにしたり、ザク切りにしてサラダとして食べるようにしましょう。そして、そのあとに通常の食事を食べます。ただし、食べる量はキャベツと合わせて腹八分目までとします。キャベツダイエットのキャベツには、ノンオイルのドレッシングをかけるのが理想的です。しかし、かけすぎなければオイル入りのドレッシングでも良いです。これを3ヶ月続けた結果と、4~10キロ痩せたという報告もなされています。

キャベツスープダイエットの実践方法についてご紹介したいと思います。キャベツスープと1週間のメニューでダイエットに取り組んでいきます。キャベツスープの材料は、キャベツ:半個、シャロットか玉ねぎ:3個、ピーマン:1個、セロリ:1本、ホールトマト:1缶、スープの素:適量となります。野菜は一口大に切っておきましょう。

キャベツスープの作り方は、沸騰したお湯にスープの素を入れてからよく溶かします。それから、野菜を全て入れて煮ます。ホールトマトを入れ、崩しながら煮ていきます。灰汁を取り除きながら、2時間くらい野菜がやわらかくなるまで煮こみましょう。味付けは塩、コショウで整えましょう。1週間のメニューを実践してみましょう。

1日目:キャベツスープ+果物(バナナとアボガドはNG)、2日目:キャベツスープ+野菜(調理法は何でもOK、油とバターはNG)、3日目:キャベツスープ+果物+野菜(満腹になるまで食べてOK)、4日目:キャベツスープ+スキムミルク+バナナ(3本まで)+水を意識して沢山飲むようにする。5日目:キャベツスープ+肉+トマト(6個まで)+水を意識して沢山飲むようにする。6日目:キャベツスープ+牛肉+野菜を好きなだけ(ただし芋類はNG)、7日目:キャベツスープ+玄米+野菜+果汁(フルーツジュース)といったスケジュールです。

注意としては、キャベツスープダイエット中は水、お茶、紅茶、ブラックコーヒー以外の水分はNGとしています。また揚げ物やパン、メリケン粉で作った食べ物を食べないようにします。そして砂糖などの甘味料はNGとされています。キャベツを千切りにして、お皿に山盛りにしてばりばり食べるとお腹がいっぱいになりますので満足感を得ることができます。

国立病院ダイエットについてあなたはご存知でしょうか?国立病院ダイエットは病院で行われている肥満対策の低カロリーな食事法のことです。成人女性が1日に摂取するカロリーの目安は1800~2800kcalで運動量によっても異なります。国立病院ダイエットでは、毎食に卵やグレープフルーツ、牛乳をとり入れており、カロリーを1日に最低限必要な1200kcalにおさえたというダイエット法です。

病院で医師の指導のもとに行われていたものが一般にも広がったということなのです。「すぐにやせる!」「一度やせると太りにくくなる」という評判もあります。しかし、極端な食事制限と栄養の偏りのために、生理不順や肌荒れがあるというような多くのトラブルも報告されていました。それを改善されたのが最新国立病院ダイエットです。

「国立病院ダイエット」の偏った栄養面を改善して日本の病院で糖尿病や肥満患者の治療のために行われている食事療法をミックスしたもので、低カロリーで必要な栄養がとれるメニューを考案したそうです。2週間で無理なく確実にやせられるという方法でそれが「最新国立病院ダイエット」です。1日3食、おいしく食べられて、ストレスフリーなダイエット方法です。

お正月太りを解消できる浜内流ダイエット鍋についてご紹介します。年末年始にはイベントがかさなりやすいため、太りやすくなってしまいます。このような時期にピッタリなダイエットメニューが浜内千波先生直伝の低カロリー鍋です。とても簡単に作れておいしくそうです。そしてダイエットに最適な鍋とつけあわせのレシピがあります。“おいしくいただく”をモットーにした浜内流ダイエット鍋をためしてみてはいかがでしょうか。

浜内流鍋の基本についてですが、うまみ成分を生かしてカロリーをおさえるという点があげられます。調味料は意外とカロリーが高めです。そこで、浜内流鍋では素材のうまみを生かして余計なカロリーをカットしています。またグルタミン酸とイノシン酸の食材を組み合わせており味わいお深い鍋に仕上げています。イノシン酸は魚類や肉類に含まれています。

そしてグルタミン酸はトマトやパプリカ、白菜、長ねぎ・玉ねぎ、キャベツ、小松菜、ブロッコリーなどに含まれています。そして生食をつけあわせにして、酵素でたんぱく質を分解するようにしましょう。食べたものを消化することができなくては、ダイエットにはなりません。酵素は消化に必要な成分なので生の食材に含まれているものです。熱を加えた鍋料理のつけあわせは、生の食材が最適なのです。

断食は体に良いと聞いたことはありませんか?でも、時間もお金もない、そして敷居の高い断食にはカジュアルに挑戦してみてはいかがでしょうか。そんなに考え込まないで断食をするのであればヨーグルトプチ断食がおすすめです。これは週末だけで効果がでてきます。そして、準備するものもスーパーやコンビニで手に入るものばかりなのでとても簡単ですよね。

最近、暴飲暴食が続いていたりお肌にブツブツができてしまったり、やせやすい体質になりたいという方には月に一度の週末断食を習慣づけることをおすすめします。きっとたくさん良いことが待っていますよ。この数十年の間に、現代人の食生活は大きく変化しました。24時間営業のコンビニもありますし、レストランなどもどこでもあります。

いつでもどこでも、食べたいと思ったときに好きなものが食べられるといった飽食の時代です。しかし、この便利さが腸を必要以上に働かせてしまいますので、体にとっては好ましくない状況をつくりだしてもいるのです。私たちの祖先の時代には、食べ物がないこともけっして珍しくありませんでした。そのため、余分なエネルギーを脂肪として蓄えて少ない食べ物で生命を維持するといった工夫がされていたのです。

食べ物の事情が変わってしまった現在でも、体は同じように食べたものをせっせと内臓脂肪や皮下脂肪として蓄えてしまいます。その結果が肥満や生活習慣病につながることは、いうまでもないでしょう。そこで、働きすぎの腸を休ませてあげて、体の機能をリセットして、本来のやせやすい体質に戻すことができるのが【ヨーグルトプチ断食】という方法です。

ヨーグルトプチ断食というダイエット方法があります。身体の機能をリセットして痩せやすい体質へと戻すことを目的にしています。通常の場合、胃腸は48時間で空の状態になります。2日間ヨーグルトと水だけをとるようにして、体にたまった毒素を出していくこと断食の目的となります。単品しかとらない絶食系のダイエットは、体に必要な筋肉まで落としてしまいます。

そして、リバウンドを招いてしまうといわれていますが、この方法であれば内臓脂肪だけを減らして、ダイエットに必要なビタミンやミネラル、タンパク質なども同時にとることができます。期間も2日と短いため忙しい人でも週末を使って行えるでしょう。ヨーグルトを使う理由はいくつかあるのですが、まずは、腸内の善玉菌をふやすということです。

腸内環境を改善するために欠かせないものが善玉菌と呼ばれる腸内細菌なのですが、ストレスや加齢など、さまざまな理由から身体にとって害をなす悪玉菌優位に傾いた腸内においては、ヨーグルトの乳酸菌やビフィズス菌が善玉菌を優位に変える栄養剤となります。そしてヨーグルトに含まれるタンパク質やミネラル分により筋肉を落とないで脂肪を燃焼させるために必要な栄養分を補って安全にダイエットができるという点です。

最後に、多少の咀嚼の必要があるヨーグルトは、脳に食べたという満足感を与えてくれます。そのため、空腹のストレスをやわらげてくれます。断食中は、1日2L程度の炭酸水を飲んでおこないます。代謝が促されますし発汗やトイレの回数がふえるため毒素をしっかり落とすためにも、水分はたっぷりと補給するようにしましょう。炭酸水は胃腸の状態をよくしてくれて満腹感も得られます。

キャベツダイエットについてご紹介します。男性の場合は一日の摂取カロリーを1500kcal、そして女性の場合は一日の摂取カロリーを1200kcalに抑えると痩せるというようにいわれています。しかし、実際のところカロリーを抑えただけで痩せることができるという人はほとんどいないそうです。なぜかというと食事が物足りなくなってしまうからです。

そのためストレスからカロリーをおさえた食事をメインとしたダイエット方法が続けられなくなっていまい結局はダイエットに失敗してしまうという方も少なくはありません。このようなジレンマを解消するためにはどうしたらよいのかという考えから生み出された方法がキャベツダイエットです。キャベツダイエットでは、食事の前に生のキャベツをよく噛んで食べるというものです。

キャベツ1個を1/6に切ってそれを約5cm角ほどの大きさにします。この時に何もつけないか、かけるならノンオイルドレッシングぐらいにします。そして毎食前に10分間よく噛んで食べます。ポイントは「時間をかけてよく噛む」ということです。そうすれば脳の満腹中枢が1時間は刺激されることになります。そのため食事量が少なくても「お腹がいっぱいになった」と感じられます。食べすぎまで防ぐことができるということなのです。

キャベツダイエットをおこなう場合は、基本的に厳しい制限はありません。しかし、約束として1日に70gのタンパク質を必ずとるようにしましょう。このことはしっかりと守りましょう。それは、タンパク質が十分とれていないと筋肉が落ちてしまうためです。筋肉が減ってしまうと基礎代謝量もいっしょに落ちてしまいます。そのため体重が減らないのです。このような理由から筋肉を維持する必須アミノ酸をタンパク質から補う必要があります。

ダイエットをすることによって体重が減りますので腰痛や腰痛の改善、そしてキャベツに含まれるビタミンCによる美肌効果、ドロドロ血液、糖尿病、高血圧、便秘の解消にも効果があります。また、ダイエット以外にも次のような効果があります。便秘の改善や美肌効果、血液がサラサラになる。腰痛・膝痛の軽減、高血圧や糖尿病になるリスクを抑えるなどです。

キャベツダイエットを推奨されているかたは吉田先生で1948年に京都府に生まれ、72年には京都府立医科大学卒業され同大学助手をへて、81年より米国カリフォルニア大学などで肥満の研究を行われてきました。そして京都府立医科大学助教授をへて2002年、教授になりました。04年より現職であり。肥満の専門医として、これまでに治療した患者は5000人を超えています。

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース