スポンサード リンク
おからダイエットクッキー

おからダイエットクッキーのレシピについてご紹介したいと思います。

・12~14枚の場合の分量

おから 100g
薄力粉 50g
ベーキングソーダ(重曹) 2g (小さじ1/3)
塩 0.5~1g(point参照)
粉糖 25g
バター 40g
豆乳 30cc
好みでハーブやプルーンなどをいれてもよいです。

・作り方のコツとポイント

クッキーにしては塩の分量が多めになります。辛味がマイルドでミネラルがたくさんはいっている海塩や岩塩をつかったほうがよいでしょう。

精製塩を使う場合には半分の分量で作ってみたほうがよいでしょう。 ベーキングソーダがなければ使わなくても大丈夫です。

粉糖がなければグラニュー糖でも大丈夫ですが、バターをあまり使わないので分離しづらく混ざりやすい粉糖をつかったほうがよいでしょう。

粉糖は製菓用の小袋タイプしかおいてないスーパーが意外と多いようです。その場合には少し割高なので製菓材料を扱う店や、輸入食材店に普通サイズがおいてありますよ。

・おからダイエットクッキーの作り方

1.おからをフライパンに入れて中火にかけます。木ベラなどで細かくしながらだいたい半量くらいのかさになるまで焦がさないように炒めます。荒熱がとれてからフードプロセッサーをかけてさらに細かくします。


2.室温においてやわらかくなったバターを、泡立て器で空気を含ませるように泡立てます。

3.2に粉糖を2回に分けて入れて溶かし込むように混ぜます。

4.3に豆乳を入れながら混ぜます。

5.4に1のパラパラになったおからを入れてさっくりと混ぜます。薄力粉、ベーキングソーダ、塩をあわせてふるったものを加えてからゴムべらや木ベラをつかって切るように数回混ぜます。

6.粉っぽさが少し残るくらいで混ぜるのをやめて広げたサランラップに生地を移して手で軽くひとまとまりになるように押さえて包みます。冷蔵庫で30分ほど寝かせます。

7.オーブンを170℃に温めておいて冷蔵庫で寝かせた記事を手でほぐしてひとまとまりにしたら、打ち粉をした台の上にのせて麺棒で6~8mm程度の厚さに延ばします。

8.型をつかって抜いたら、天板にのせてから170℃のオーブンで23~27分くらい焼きます。


ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース