スポンサード リンク
簡単朝食ダイエットレシピ

ダイエット中には朝食がをとることがとても大切です。しかしダイエット中なので摂取エネルギーを少なくする為に、朝食を取らないという人もいますね。その結果体温が低くなってしまい少し食べただけで太りやすくなる代謝の悪い体になってしまいます。

朝食には睡眠中に下がった体温を高めるためにタンパク質を摂ることをおすすめします。また適度な糖質をとって脳を目覚めさせることも大事です。

外食が多いことや野菜をあまり食べないことで、便秘や下痢に悩むかたもいるでしょう。便秘になると肌荒れにもつながってしまいます。ダイエット中は基本的に食事量を減らしますが、食物繊維は体調を維持するのために積極的にとりたい成分です。

今回ご紹介するダイエットレシピは、大豆イソフラボンなどの栄養をしっかり摂ることができるメニューです。

◆レシピ1 おからのトースト(253kcal)

・材料

おから 40g
トマトケチャップ 大さじ2
玉ねぎのみじん切り 大さじ1
ピーマン 1/2個
塩・こしょう 適当な量
食パン(6枚切り) 1枚

・作り方

1.おから、トマトケチャップ、玉ねぎのみじん切りを混ぜて、おからのディップを作ります。
2.食パンにおからのディップを塗ります。
3.スライスピーマンと塩コショウをふりかけて、オーブントースターで3分くらい焼きます。

◆レシピ2 豆乳オレンジドリンク(88kcal)

豆乳とオレンジジュースは1:1で使用します。豆乳たんぱく質とミネラル、オレンジのビタミンCを上手に補給することができます。

・材料

豆乳 100cc
オレンジジュース 100cc

・作り方

1.カップに豆乳とジュースを加えて混ぜるだけです。

※ジュースはオレンジ以外も使えます。野菜ジュースでも大丈夫です。

ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース