スポンサード リンク
シーザーサラダ

シーザーサラダとは、1924年、シーザー(Caesar)さんが、ありあわせの材料で作ったところから始まったとされています。

シーザーサラダは、レタスをベースに、ホワイトドレッシングをかけて、削りおろしたパルメザンチーズと、クルトンをトッピングするだけという、一手間かけた、簡単サラダです。今回のダイエットレシピは、ホワイトドレッシングのカロリーを抑えるために、ドレッシングに、生クリームではなく、ヨーグルトを使います。

材料は、4人分で、レタス2分の1個、きゅうり1本、プチトマト12個、ベーコン4枚、ゆで卵4個、クルトン適量、粉チーズ大さじ2を揃えてください。ホワイトドレッシングの材料は、プレーンヨーグルト大さじ2、カロリー2分の1マヨネーズ大さじ2、レモン汁大さじ1、塩小さじ3分の1、こしょう少々です。

<作り方>
1、レタスを食べやすい大きさにする。
2、ベーコンは、ペーパータオルをひいた耐熱性のお皿に並べ、ラップをせずに、電子レンジで2分焼く。2分たったら裏返し、再び2分です。脂が抜けていないようなら、30秒程度ずつ電子レンジにかける。あまり長時間かけると、焦げてしまうので注意する。祖熱が取れたら、1cm幅に切る。
3、きゅうりを輪切りにする。
4、プチトマトを半分に切る。
5、クルトンは、バゲットを薄くスライスして、オーブンで2,3分程、焦げ目がつく程度まであたため、ニンニクの切り口にこすりつけて、香りを移し、食べやすい大きさに切る。
6、ホワイトドレッシングの材料を、ボウルに全て入れ、混ぜ合わせる。
7、お皿に、レタス、ベーコン、きゅうり、トマトを入れて、クルトンをのせる。
8、ゆで卵を食べやすい大きさに切り、添える。
9、粉チーズをかける。
10、ホワイトドレッシングをかけて完成。

普通のシーザーサラダよりも低カロリーでかつ美味しい、おすすめのダイエットレシピです。

ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース