スポンサード リンク
納豆とじゃこのレタス包み

以前、さまざまなメディアで、ダイエットに良いと騒がれた食材、それは、納豆です。新聞やテレビ、ラジオや雑誌などでも騒がれていたことは、まだ、記憶に新しいと思います。納豆のダイエットレシピの本が発売されたりもしました。

日本の伝統的な食材でもある納豆は、栄養価も高く、しかも、ダイエットにも最適な食品です。日本人は、欲張りなものです。実際に、納豆は、血栓を溶かし、血液をサラサラにする効果があったり、肌荒れ防止、老化防止など、美容にも良いことがわかっています。ですから、ダイエットをしながら、体の中も外も、綺麗になれるというわけです。

ちなみに、血栓ができやすい時間は、深夜2時から3時だそうです。夜食べると、血液サラサラには、より効果的だそうです。

このダイエットレシピは、およそ68カロリーと、とても低カロリーで、しかも、作り方も、混ぜて切って包むだけという、とっても簡単なレシピです。ちょっとおかずの品数が足りないなと感じたときに、ササッと作れます。

ポイントとしては、納豆はよくまぜることです。たくさん混ぜることで、粘り成分の「ポリグルタミン酸」がちぎれ、「グルタミン酸」と言う旨味成分が出てくるので、混ぜれば混ぜるほど、おいしくなります。

■材料

納豆  ・・・50g
しょうゆ  ・・・小さじ1
練りからし  ・・・少々
じゃこ   ・・・大さじ1
貝割れ  ・・・1/3パック 
レタス ・・・2枚


■作り方

1、納豆をかき混ぜて、しょうゆ、練りからしを加え混ぜる。
2、貝割れの根を落とし、半分に切る。
3、(1)と、じゃこ、貝割れを和える。
4、レタスの葉まるごと1枚に(2)を包みいただく

ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース