スポンサード リンク
半熟卵のビネガーソースかけ

120カロリーと、とても低カロリーのダイエットレシピで、しかも、10分以内に、ササッと作れるレシピをご紹介します。使い切れなかった食材を使い切りたいときにも、オススメのダイエットレシピです。

酢は、あまった脂質が、皮下脂肪としてたまっていってしまうのを防いでくれたり、悪玉コレステロールを分解するなどの効果が得られるものなので、積極的に使っていきたい食品のひとつですね。

豆知識ですが、今回使う酢は、ワインビネガーといって、ブドー酢のことを言います。ワインビネガーは、日本ではあまり使われていませんが、世界的には、ワインビネガーの方が、一般的な酢として知られています。

ワインビネガーは、従来の酢よりも、酸味が多いのが特徴です。現代の日本人は、塩分を取り過ぎていると言われているので、塩・醤油・味噌などの塩味に代わることのできる、健康調味料としておすすめです。


☆材料(2人分)☆
・卵 2個
・パセリ(みじん切り)   適量

【ビネガーソース】
・タマネギ   1/6個
・セロリ    1/4本
・にんじん    1/4本
・にんにく    1/2片
・ワインビネガ   大さじ3
・オリーブ油    大さじ1/2
・塩、コショウ    少々

☆下準備☆
タマネギ、セロリ、にんじん、にんにくはみじん切りにしておく。

☆作り方☆
(1)まず、鍋に卵を入れ、卵がつかる程度に水を注いで、5分くらいゆでて、半熟卵を作る。
(2)ビネガーソースの材料を、ボールに全て入れ、混ぜ合わせて、ソースを作る。
(3)卵を器に入れて、(2)のビネガーソースをかけ、パセリを散らして、飾りつけたら完成。

※ビネガーソースは、オムレツやハンバーグなどにもよく合うので、オススメです。

ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース