スポンサード リンク
ポークとりんごのオーブンフライ

このダイエットレシピで使用している食材、”りんご”は、利尿作用や、腸を整える効果に加え、強い抗酸化作用があることが知られています。そして、リンゴ酸は、疲労回復にも効果的です!!また、便秘気味の方にも、オススメの食材です。

このダイエットレシピは、りんごとプルーンを使用しています。りんごだけでなくプルーンも、食物繊維が豊富なので、便秘予防にさらに効果的です。また、ブタ肉は、ビタミンB2が多く含まれており、糖質代謝を助けてくれます。

調理時間は、およそ35分ほどで、カロリーはひとつ160kcalです。

■材料(12個分)

・豚ロース薄切り肉・・・・12枚(目安は300g)
・塩・コショウ・・・・少々
・りんご・・・・150g
・種無しプルーン・・・・50g
・プロセスチーズ・・・・(7~8mmほどの角棒状)・・・・12本
・薄力粉・・・・30g
・卵・・・・Mサイズ1個
・パン粉・・・・50g
・サラダ油・・・・大さじ2

■作り方

1、りんごは薄いクシ形に切って、種無しプルーンは、細切りにしておきます。
2、パン粉とサラダ油を耐熱皿に入れて、よく混ぜ合わせたら、ラップをしないで、レンジは強で約6~7分加熱し、租熱をとりましょう。
☆途中で必ず2・3回混ぜましょう!!!
3、豚肉に、塩・コショウをふりかけて、プルーン、りんご、チーズを芯にして巻きます。
4、(3)に、薄力粉と溶き卵、(2)のパン粉の順番につけて、アルミホイルを敷いておいたオーブン皿に並べたら、250℃に予熱しておいたオーブンで焼きます。15~20分ほど焼いたら完成です。

ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース