スポンサード リンク
サバのピリ辛煮

サバのピリ辛煮

■材料~2人分

サバの切り身・・・・2きれ
ショウガ・・・・1/2片
白髪ネギ・・・・1/2本分
しその葉・・・・2枚

(A)
味噌・・・・大さじ1.5杯
酒・・・・大さじ1.5杯
砂糖・・・・大さじ1.5杯
お湯・・・・大さじ1.5杯
ごま油・・・・大さじ1.5杯
豆板醤・・・・小さじ1/3杯

■作り方

1,耐熱容器に、Aの材料をすべて入れて、よく混ぜ合わる。
2,サバは、皮を上にして、(1)の耐熱容器に並べ入れ、その上にショウガの薄切りをかける。
3,(2)にラップをかけて、電子レンジで7~8分あたためる。
4,加熱したら、レンジから取り出し、器に盛って煮汁をかける。
5,(4)のうえに白髪ネギと、しその葉を細切りにしたものを飾っていただきます。

このお料理の気になるカロリーは、275kcalです。

普段、鍋で魚を煮ていると、焦げついてしまったり、煮崩れたりしてしまって、失敗してしまうことがあると思います。あ~わかるわかる!と思われた方には、特にオススメの、ダイエットレシピです。なぜなら、お鍋で調理するのはちょっと難しいという方も、電子レンジを使うことで、その心配もなく、上手に作ることができるからです。

また、豆板醤のピリ辛は、体を温めてくれる効果があります。ヘルシーで、とても簡単なダイエットレシピです。

また、サバには、良質なタンパク質、病中病後の滋養に用いられているビタミンB2、鉄分、ビタミンD、カルシウムなど、栄養素が豊富に含まれています。さらに、サバに含まれるEPA、DHAには、生活習慣病を予防する効果があります。

ただし、サバは、死ぬと分解酵素が強く働き、自己消化をはじめてしまうので、非常に傷みが早い魚として知られています。早めに食べることと、保存するときは、塩や酢で保存するのもオススメです。

ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース