スポンサード リンク
とりつくねの雪鍋

○2人分○材料○

はるさめ ・・・・40g
白菜 ・・・・2枚
大根の葉 ・・・・真中の柔らかい所1本分
大根 ・・・・1/3本

◇だし汁◇
水 ・・・・300cc
昆布 ・・・・5cm
だし醤油 ・・・・大さじ6杯

◇つくね◇
鶏肉ミンチ ・・・・150g
長ネギ  ・・・・8cm【みじん切り】
生姜  ・・・・1片【すりおろす】
だし醤油 ・・・・大さじ1/2杯
酒 ・・・・大さじ1/2杯
塩・コショウ ・・・・少々

○下準備○
・はるさめは、半分に折って3分間熱湯につける。
・白菜は、適度な大きさに切る。
・大根の葉は約1cm幅に切る。
・大根はすりおろす。
・長ネギはみじん切りにする。
・生姜はすりおろす。

○作り方○
1、鍋に水、だし醤油、昆布を入れたら、火にかけておく。
2、沸騰してきたら、ビニール袋につくねの材料全てを入れ、袋の上からよくこねる。袋の角を切り落として、絞り袋を作り、ヘラやスプーンなどで形を整えながら、(1)の鍋に、1口大の団子状に搾り出します。
3、アクを取り除いて、はるさめ、白菜の芯、大根の葉、白菜の葉、大根おろしを順に加えて 一煮立ちすれば完成。
 
※お好みで、とうがらしやゆず酢などをかけても美味しくいただけます。

今回のダイエットレシピは、あっさりめの鍋物です。 大根は、葉や皮も、全て使ってしまいましょう。大根の葉や皮には、ビタミンCが含まれています。また、大根をすりおろした時に出てくる汁には、二日酔いの胃もたれ、胸焼けを解消してくれる効果を持つ、ジスターゼという消化酵素がたっぷり含まれています。

ダイエット中だけど、お腹が空いていて、たくさん食べたいという人にも安心のお料理です。このダイエットレシピで使われているはるさめですが、戻したものなら、なんと100g食べても、たった86kcalと、とてもヘルシーです!!お腹が減って、まだ食べたいという人は、はるさめを多めに入れてみてください。

次の記事 >> もずくのスープ
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース