スポンサード リンク
豆腐カレーどんぶり

〈材料・2人分〉
・木綿豆腐 ・・・・1丁
・にんにく ・・・・1片
・牛ひき肉 ・・・・80g
・しめじ ・・・・1パック
・にら ・・・・2本
・カレールウ ・・・・2片(40g)
・コンソメスープ ・・・・200cc
・醤油 ・・・・大さじ1杯
・オリーブ油 ・・・・大さじ1杯
・ご飯 ・・・・お茶碗に軽く1杯程度(約120g)


〈下準備〉

・木綿豆腐は、約3cm角に切っておきます。
・しめじは、根元を切ってほぐしておきます。
・にらは、約3cmの長さに切ります。
・にんにくは、みじん切りにしておきます。
・固形コンソメ1つを水200ccで溶きます。
・カレールウは細かく砕きます。


〈作り方〉

(1)フライパンにオリーブ油をひき、あたたまったら、ニンニクを入れ、ニンニクの香りが出てきたら、ひき肉、しめじを入れて炒めます。
(2)さらに、はじめに準備しておいたコンソメスープとカレールー、醤油を加えます。
(3)(2)が煮立ってきたら、豆腐を加えて火を通します。
(4)ニラを加えて、さらに1分ほど煮たら、あたたかいご飯にかけて完成です♪

今回のダイエットレシピは、豆腐としめじを使って、ボリューム感たっぷりな一品にしあげました。豆腐としめじで満腹感を得ることができるので、ご飯を控えることができるのが、ダイエットレシピならではの良いところです。

豆知識ですが、豆腐は、ご存知の通り、大豆が原料となっています。しかし、豆腐には、大豆の食物繊維以外の栄養素があります。また、豆腐は、大豆よりも身体に吸収されやすく、胃の強くない方にとっても、効率よくたんぱく質を摂取できる食品でもあります。

他にも、がん、動脈硬化、糖尿病などを予防をする働きもあり、さらに、夏バテや胃を強くする働きもある万能食品であると言えます。

ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース