スポンサード リンク
ダイエットドリンク

1.梅唐辛子茶

疲れたとき、元気を出したいときに、オススメのレシピです。とうがらしは、血の流れをスムーズにする働きがあり、また、梅干に含まれるクエン酸を、効率よく全身に運んでくれる働きもあります。つまり、梅干だけで食べるよりも、とても効果的というわけです。

材料は、1杯分で、梅干1つととうがらしをひとふり、そして、湯のみ1杯分の緑茶を用意するだけでOKです!!

作り方はとっても簡単です♪まず、湯のみに梅干を入れておいて、その上から、緑茶を注いで、とうがらしを1振りしたら完成です。緑茶ではなくて、昆布茶などで作ってみてもおいしいです♪

自分の一番好きな味はどれか、いろいろ試して、ダイエットレシピのレパートリーを増やしてみるのもいいと思います。


2.おからのクリーミージュース

おからなのに、味はバナナです。バナナをいれれば、おからの味なんて感じません♪繊維質の豊富なおからは、腹持ちがよく、しかも低カロリーです。スキムミルクは、牛乳と比べると、無脂肪でカロリーも半分と、まさにダイエットレシピ向きの食材ですね♪それに、たんぱく質は、牛乳よりも豊富だそうです。

一人分の材料は、以下の通りです。

水  ・・・180ml
スキムミルク ・・・20g
完熟バナナ ・・・1本
おから ・・・30g
シナモン・・・お好みで少々

作り方はとっても簡単です。

1、ミキサーに水、スキムミルク、バナナ、からを入れて、1分ほどミキサーにかける。
2、コップに注いで、お好みでシナモンを振り掛ければ完成です!!

忙しい朝などに、特にオススメです♪寒い朝は、ホットにして、体の中からあったまりましょう。ホットにする場合は、電子レンジで1分あたためればOKです。

ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース