スポンサード リンク
カロリーコントロールのポイント

今日、多くの書籍や、様々な雑誌で取り上げられているように、ダイエットレシピについての記事は、いたるところにあります。

それだけ、多くの人が、ダイエットに関心を持っており、多くの人が、ダイエットに真剣に取り組んでいるということは明らかです。

栄養を考え、野菜など、体に良い食材を多く使うことにより、ヘルシーに気を使ったダイエットレシピも、好ましいでしょう。毎日、ヘルシーに気を使うのは、大変なことですし、偏った食事は、良いものとは言えません。ですから、ときには、少しカロリーは高めでも、本来のレシピよりも、少しカロリーを抑えれるようなダイエットレシピを考え、毎日の食事が偏らないようにするということも、大切なことです。

そして、毎日、できるだけ手早く、簡単に作れる、ダイエットレシピを取り入れれば、長く続けていけると思います。

ダイエットレシピで、何より大切なことは、やはり、カロリーです。このカロリーを、少しでも抑えるために、ダイエットレシピは、考えられる場合がほとんどです。

そこで、カロリー計算ができるかどうかが、大きくかかわってきます。カロリー計算のしかたは、多くの書籍で紹介されています。自分に合う方法でためしてみることをオススメします。文字だけの表を参考にしたい方もいれば、絵や写真が入っていて、華やかなものを参考にしたい方など、人それぞれ、わかりやすいものとそうでないものがあると思います。

1日に必要な、だいたいのエネルギーは、2000kcalといわれています。これ以上は、取りすぎになってしまいます。また、逆に、これ以下では、体のために良くありません。そういったことを、よく考えてレシピを考えていきたいものです。

次の記事 >> 脂質とダイエット
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース