スポンサード リンク
1日に必要なカロリー計算

自分の1日の大まかな消費カロリーを知っておくと、ダイエットレシピを考えるときに、参考になります。また、食べすぎを防ぐこともできます。

普段、普通に呼吸をしたり、内臓が活動するなど、何もしていない状態で使われているエネルギーが、基礎代謝です。人の体のつくりは、それぞれ個人差がありますが、おおまかに、この基礎代謝が、全体で消費するエネルギーの、6~7割を占めています。

自分にとって必要なエネルギーには、男女差があるので、計算方式が、男女では少し異なります。それぞれ、女性では、自分の体重(kg)×23=○、男性では、体重(kg)×24=○ を計算することで求ることができます。簡単に計算することができますので、早速、取り組んでみてください。

他に、体温を維持するために使われているエネルギーは、1割を占めます。また、運動など、活動することで必要なエネルギーは、2~3割を占めるそうです。

自分に必要な消費カロリーを、把握できたでしょうか?この数値を把握しておくことで、自分が一日に食べても良いエネルギー量が把握できると思います。食べ過ぎには、要注意ですが、これを知っておくと、自分でストップすることもできると思います。おおまかなものですし、参考程度でも良いですが、ダイエットレシピを考える際にも、取り入れることができるといいと思います。

体を動かす時間があまりないという方には、カロリー計算で、ダイエットをすることは、オススメの方法です。カロリーを取りすぎることが、肥満の原因にもなりますし、自分にとって必要な、1日のエネルギー量を、事前に知っておくことで、カロリーの取りすぎを防止できるだけではなく、無理のない程度に、一日に摂取するカロリー量を抑え、減量を試みることもできると思います。

ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース