スポンサード リンク
脂質とダイエット

『脂質』について、ダイエットに天敵!と思っている方は、少なくないと思います。”脂”なんて、漢字が使われていることからも、当然という気がします。

油は1g9kcalだそうです。しかし、油を全く摂らないのは、身体にとって、決して良いとはいえません。実際に、東京都老人総合研究所の研究結果では、油の摂取量と、死亡率との関係から見ても、1週間に4回以上油料理を食べて油を摂取している人と、そうではない人とでは、油料理を多く食べている人たちの方が、長生きしているそうです。

ですから、ダイエットのために、油を完全に摂らないようにしている方は、そのダイエットレシピを、一度見直してみるべきです。

脂質には、脂溶性ビタミンの吸収を助ける働きがあります。特に、コレステロールは、体の細胞膜や、ホルモンの材料になっているものです。極端に摂ることが少ないと、身体にとって、悪影響が出てきてしまいます。

脂質が不足しているときの、最も恐ろしい症状としては、血管のしなやかさが、だんだん失われてくるということがあげられます。その結果、どうなるかというと、しなやかさの失われた血管は、壊れやすくなってしまい、さらには、切れやすくなってしまいます。

他にも、発育障害が出てきたり、皮膚にも悪い影響を及ぼします。また、頭痛、疲労感、体力の衰え、炎症、出血、関節のむくみ、そして、妊娠できなくなってしまったり、流産や腎臓疾患を引き起こすなど、実に多くの悪影響を身体に与えます。

特に、女性の間に流行っている、油抜きダイエットは、肌をボロボロにして、さらには、生理不順や抜け毛の原因になることもあります。

脂質は、不足すると、美容の大敵にもなりうるということです。せっかく綺麗になるために痩せようと努力しているのに、逆に、髪が薄くなり、肌が荒れてしまっては、なんのためのダイエットかわかりません。若いときの無理なダイエットは、年を重ねるごとに、身体に悪影響として現れてきます。若いときは、多少、無理なダイエットをしていても、たいして不調は感じないかもしれません。それは、まだ若く、新陳代謝なども活発だからであって、年を取っていくと、昔の無理なダイエットがたたり、肌はボロボロになんていうことは、よくあることなのです。

無理なダイエットは今すぐやめて、自分に合ったダイエットレシピを取り入れ、健康的に痩せられるように頑張りましょう。

次の記事 >> 脂質の種類と違い
ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース