スポンサード リンク
脂質の種類と違い

ダイエットレシピでは、脂肪をできるだけとらないように、工夫されている方も多いと思います。しかし、実は、まったく脂肪をとらないダイエットレシピばかり使っていると、危険なのです。

脂肪は、分解されると、脂肪酸とグリセロールというものになります。脂肪酸は、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分けることができますが、これが脂肪の違いです。良い脂肪と悪い脂肪は、この脂肪酸の種類によって決定します。

飽和脂肪酸は、悪玉コレステロール、不飽和脂肪酸は善玉コレステロールとも言われています。名前からもわかるように、簡単に言うと、飽和脂肪酸(悪玉コレステロール)が悪い脂肪で、不飽和脂肪酸(善玉コレステロール)が良い脂肪に分類されます。

飽和脂肪酸(悪玉コレステロール)は、肉類やバターなどに多く含まれています。肉脂やラード、バターなど、常温で固形のものです。これは、悪玉コレステロールを増やしてしまい、動脈硬化などの原因になるとされています。

一方、不飽和脂肪酸(善玉コレステロール)は、植物油や魚の油など、常温で液状のものに多く、体に良いものが多いといわれています。そして、不飽和脂肪酸は、さらに2つに分けられており、一価不飽和脂肪酸というものと、多価不飽和脂肪酸というものがあります。この多価不飽和脂肪酸は、体内で作ることができず、食事で摂らなければならないとされる、”必須脂肪酸”です。

人間の身体は、エネルギー摂取量の1日分のうち、20~25%を、油脂で摂ることが理想的な脂質の摂り方であるといわれています。例をあげるなら、エネルギー摂取量が、1日1800kcal程度だとすると、そのうちの20~25%が、理想の数字なので、360~450kcal分の油脂を食べると、理想的な脂質の摂り方であると言えます。それは、油脂にすると40~50g程度です。

ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース