スポンサード リンク
ダイエットレシピおすすめ食材

いつも、ダイエットレシピを心がけて、食事をしているというあなたは、毎日、お米は、何を食べていらっしゃるでしょうか。

多くの方が、私達日本人にとって主食であるお米を、ほとんど毎日食べているかと思います。

お米は、炊き方を工夫するなどのほかには、調理方法は、なかなか思い当たらないものだと思います。しかし、白いご飯は、あまり食べ過ぎてしまうと、いくらダイエットレシピを活用して毎日頑張っていても、せっかくの努力が水の泡になりかねない、ややカロリーの高い食べ物です。そこでオススメしたいのは、白米よりも、玄米を食べるということです。

玄米に含まれる3つの成分について、ご説明します。

まず、GABAと呼ばれる成分は、体内に吸収されると、脳下垂体を刺激し、成長ホルモンの分泌を促進して、脂肪分解酵素を活性化させる作用があります。そうすることで、細胞に溜まった脂肪を、使いやすくしてくれる効果が得られます。

さらに、分泌して増えた成長ホルモンは、細胞の新陳代謝を促進します。そして、お肌の保湿力もアップします。玄米には、白米の3倍、発芽玄米には、9倍のギャバが含まれているそうです。

次に、フィチン酸と呼ばれる成分は、腸をキレイにしてくれる物質です。 有害ミネラルを吸着して、体の外に排出してくれる、デトックス効果があります。 また、さらに、糖分を吸着・排出することで、血糖値の上昇と吸収を抑えてくれる効果も期待できます。

最後に、イノシトールと呼ばれる成分は、細胞に取り込まれた脂肪の燃焼効率を上げるという役割を担っています。

そして、玄米は、白米に比べて、お米が硬いため、たくさん噛む必要があります。たくさん噛むことで、満腹感を得ることができます。ついつい食べ過ぎてしまうという方は、ぜひ普段の食事に、玄米を取り入れてみてください。

ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

ダイエットレシピ関連ニュース