ダイエットレシピの達人について

 ダイエットを始めると気になるのはまず食事ですね。カロリーを抑えたダイエットレシピにはどんなものがあるのでしょうか?ダイエットレシピの組み合わせ、ダイエットレシピおすすめ食材、ダイエットレシピおすすめ野菜、カロリーコントロールのポイント等、ダイエットレシピを利用するにあたってのポイントを紹介しています。
 今話題の寒天ダイエットレシピ、おからダイエットレシピなど簡単に作れるレシピを多数ご用意していますので、ぜひお試しください。

ダイエットレシピの達人 新着情報

脂肪燃焼スープについてご紹介します。それは「食べれば食べるほどやせられる」このような夢のようなダイエット法が、脂肪燃焼スープダイエットなのです。脂肪燃焼スープは、いつでも手に入る6種類の野菜で作ったスープで野菜のパワーで、体内の毒素を排出し、体の中からキレイにすることで代謝を上げることができますのでやせやすい体に生まれ変わることも可能です。

脂肪燃焼スープは、お腹いっぱい食べても太るどころか、みるみる脂肪を燃やしてくれるということなのです。 参考としてご紹介します。指導/さらさら堂治療院院長 岡本羽加出典/『毒出し脂肪燃焼スープが効く!』(主婦の友インフォス情報社)です。脂肪燃焼スープの具になるのは、キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。

これらの野菜を、コンブやかつお節、鶏がらの3種のだしで煮ます。そして最後に天然塩とショウガを入れて味つけをします。たったこれだけで、たくさん食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープが出来上がります。この脂肪燃焼スープ誕生のきっかけは、「冷え症を治したい」「肩こりがひどい」などの患者さんたちの悩みを聞ていくうちに原因となっている食生活を根本的に見直すことが必要だと感じたことから産まれました。野菜がたっぷりはいった「脂肪燃焼スープ」は、初めのうちは体質を改善するためのスープでした。気になるかたは試してみてはいかがでしょうか。

キャベツダイエットをおこなう場合は、基本的に厳しい制限はありません。しかし、約束として1日に70gのタンパク質を必ずとるようにしましょう。このことはしっかりと守りましょう。それは、タンパク質が十分とれていないと筋肉が落ちてしまうためです。筋肉が減ってしまうと基礎代謝量もいっしょに落ちてしまいます。そのため体重が減らないのです。このような理由から筋肉を維持する必須アミノ酸をタンパク質から補う必要があります。

ダイエットをすることによって体重が減りますので腰痛や腰痛の改善、そしてキャベツに含まれるビタミンCによる美肌効果、ドロドロ血液、糖尿病、高血圧、便秘の解消にも効果があります。また、ダイエット以外にも次のような効果があります。便秘の改善や美肌効果、血液がサラサラになる。腰痛・膝痛の軽減、高血圧や糖尿病になるリスクを抑えるなどです。

キャベツダイエットを推奨されているかたは吉田先生で1948年に京都府に生まれ、72年には京都府立医科大学卒業され同大学助手をへて、81年より米国カリフォルニア大学などで肥満の研究を行われてきました。そして京都府立医科大学助教授をへて2002年、教授になりました。04年より現職であり。肥満の専門医として、これまでに治療した患者は5000人を超えています。

キャベツダイエットについてご紹介します。男性の場合は一日の摂取カロリーを1500kcal、そして女性の場合は一日の摂取カロリーを1200kcalに抑えると痩せるというようにいわれています。しかし、実際のところカロリーを抑えただけで痩せることができるという人はほとんどいないそうです。なぜかというと食事が物足りなくなってしまうからです。

そのためストレスからカロリーをおさえた食事をメインとしたダイエット方法が続けられなくなっていまい結局はダイエットに失敗してしまうという方も少なくはありません。このようなジレンマを解消するためにはどうしたらよいのかという考えから生み出された方法がキャベツダイエットです。キャベツダイエットでは、食事の前に生のキャベツをよく噛んで食べるというものです。

キャベツ1個を1/6に切ってそれを約5cm角ほどの大きさにします。この時に何もつけないか、かけるならノンオイルドレッシングぐらいにします。そして毎食前に10分間よく噛んで食べます。ポイントは「時間をかけてよく噛む」ということです。そうすれば脳の満腹中枢が1時間は刺激されることになります。そのため食事量が少なくても「お腹がいっぱいになった」と感じられます。食べすぎまで防ぐことができるということなのです。